フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
プログラム本体は、Program Files 配下に(下記の3つのフォルダーが独立して)生成されます:
① Waterfox 配下に、plugins(npPDFXCviewNPPlugin.dll)が格納されます
② Waterfox Classic
③ Waterfox Current
その Profiles は、
ユーザー > AppData > Roaming > Waterfox > Profiles に独立して格納されます。
********.default(Classic)
********.68-edition-default(Current)
当方は、従前から(Waterfox、Alpha を)併用しており、
今回の Waterfox Classic、Waterfox Current のリリース時(Waterfox 2019.10 Release:October 23, 2019 )に、
それぞれを(先ずは Classic を、次いで Current を)インストールし、双方とも「更新」が正常に完了できました。

旧 Waterfox のユーザーが更新する場合には、
「Classic」への更新をせずに、「Current」をインストールした場合に、
「Waterfox」の Current へのアップグレードとして認識し、上書き更新をしてしまう事例があるようです。
Classic への更新をしないまま「Current」をインストールする場合には、「カスタムセットアップ」を選択し、Profile が干渉しないように注意した方が良いようです。
※ なお、公式からは「プログラム名のリネームや、フォルダー構成を手動で入れ替えることはサポートされていない」ため、起動不能や更新不能になるので「厳禁」と宣言されています。

プロファイル管理について:
How To Create Multiple Firefox Profiles For Specific Tasks(特定のタスク用に複数の Firefox プロファイルを作成する方法)
https://www.ghacks.net/2011/08/05/how-to-create-multiple-firefox-profiles-for-specific-tasks/
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他