フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
当アプリは、
AES(Advanced Encryption Standard:共通鍵暗号アルゴリズム)での鍵長 256ビットを使用して、任意の「ファイル」を簡単かつ安全に暗号化します。
Windows, Mac, Linux, Java をサポートし、オープンソースプロジェクト(多数の第三者が「プログラムのソースコードを精査し、情報を保護することが適切か」が継続的に確認される)製品です。

「機密データ」を
メールで交換したり、旅行中に携帯したり、クラウドベースのストレージサービスやサーバーなどにアップロードしたり、アクセス可能な場所(自宅やオフィスなど)での覗き見や漏洩・流失対策に最適なツールです。
※ 暗号化されたファイルの復号化は「パスワードの照合」で、唯一可能になります。そのため(暗号化されたファイルが)漏洩・流失しても心配無用(解読不可能)です。

要点:
● Windows での動作要件:Microsoft Visual C++ 2010 Redistributable - 10.0.40219
● 暗号化は「file 単位」ですが、(Hotkey の応用で)複数の files を一括で暗号化が可能です。
● ファイル名はマスキングされません(個人的には、加えて「7-Zip」化しています)。
● 第三者と暗号化したファイルを交換する場合には、ファイルの正当性(改ざんが無いこと)を証明するものを(Hash Tab などで、Hash値「CRC32、MD5、SHA-512」を算定し)明示しましょう。「7-Zip」化した場合も、Zip ファイルでの Hash 値の算定値を明示しましょう。
※ パスワードが不明になった場合には「復号は不可能」です。パスワードの生成・管理は、KeePass や Bitwarden などの使用を推奨します。


AES | Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Advanced_Encryption_Standard
AES(Advanced Encryption Standard)は、理論的攻撃方法が存在する DES(Data Encryption Standard)に代わる新たな標準暗号の共通鍵暗号アルゴリズムです。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他