フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
評価がひどく悪いので、でも...
評価が悪いと使いたくなってしまうのが私。
で、入れました。

デフォルトへの設定はせず、Microsoft IMEのサブIMEとして入れてみました

Ubuntu等のGNU/Linuxでは、Mozcとしてついてきましたね。その時はLXDEとの相性が悪く、設定画面を出そうとしてしょっちゅうフリーズした記憶があります。(いや、Fcitxとの相性が悪かったかもしれない。)
でも、変換性能は優れていた記憶があり、使い勝手も良かった気がして、でも、Windows版がここではレビューは最低。正直迷ったんですが、思い切ってインストールすることにしました。

インストールして、現在は特に問題もなく、快適に操作できております。

メモリの使いすぎに関しては、「プロパティ」 -> 「その他」 -> 「オンメモリ辞書とUACの設定」から、「辞書を常に物理メモリに配置し、変換を高速化する」のチェックを外せば、解消するのではと推測しております。
そこで、このオプションを無効にしたうえ、タスクマネージャからメモリ消費を調べたところ、Microsoft IMEが、9.4MBに対し、Google 日本語入力ではたったの合計3MB程度とむしろ省メモリなのではと考えております。(個人の感想です。)

もしこの先問題が発生しましたら、改めてレビュー投稿させていただきます。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他