フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
メジャーアップデート「78」系が公開され、
前仕様「68」系の既存ユーザーについては「自動更新のロールアウト待ち」が推奨されています。

公式情報:
「アップデートを自動的にインストールする」を選択した既存のユーザーであっても、
インストールされ有効になっている拡張機能とプラグインがアップデートアプリケーションに干渉しないと判断された場合にのみ、自動的にアップデートされます。
自動更新がロールアウトされるまで手動更新を行わないことをお勧めします。
https://freesoft-100.com/review/comment/19078/

しかしながら、
「アバスト クリーンアップ プレミアム」のユーザーから
『拡張機能などの互換性で「更新保留」にされているはずにも関わらず、68 系から 78 系への「強制更新」がされてしまった!』との報告事例が上がっています。
アバストでの「アプリの自動更新」の無効化は、Windows のレジストリエディターでの修正が必要です
Code:
[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Mozilla¥Thunderbird]"DisableAppUpdate"=dword:00000001

※ サードパーティのユーティリティによる「アップデート」機能に注意が必要です!
一般的には、ユーティリティでの設定で「Thunderbird」の更新を無効化できるはずです。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他