フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
警告!
Chromium 系(Google、Edge、Opera、Brave、Vivaldi などの)ブラウザのユーザーに、
人気のコンテンツブロッカー「Nano Adblocker」と「Nano Defender」が、
秘匿されたまま「第三者に完全売却」されています。
https://github.com/NanoAdblocker/NanoCore/issues/362#issuecomment-709428210
経緯に不審を抱いた(uBlock Origin の開発者)Gorhill(Raymond Hill)が分析し
『その売却先によって、外部で構成可能なヒューリスティックに従って発信ネットワーク要求から特定の情報を検索し、それを def.dev-nano.com に送信するように再設計されている』ことが判明しました。
Gorhill は、
『当該の拡張機能の「Chromium 版のすべてのバージョン」は、すぐに削除する必要がある』と警告しました。『Firefox 版は、別のメンテナーが保有を継続しているため、現時点では問題がない』との見解です。
https://www.ghacks.net/2020/10/16/time-to-remove-nano-adblocker-and-defender-from-your-browsers-except-firefox/
私見ですが、
Firefox ユーザーは「uBlock Origin」を推奨します。
uBlock Origin は「Firefox と、そのフォークブラウザ」専用に開発サポートがされており、最上のコンテンツブロッカーと定評を得ています。
残念ながら、Chromium 系では「API」の制約で uBlock Origin の機能が大幅に制限されています。


「著作権」のため、Firefox 版は名前(Nano >?)を変更する予定です。
(uBlock Origin などの)カスタムフィルターで使用可能な「Nano ブランドのフィルター」は安全性が確認されていないため「削除すべき」と勧告されています。


Chromium 版のブラウザ拡張機能「Nano Adblocker と Nano Defender」は、公式の Chrome ウェブストアから削除されるとともに、ユーザーが使用中の Google Chrome ブラウザでも「使用無効化」の追加措置が適用されました。その詳細は、コメント欄に記載します。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他