フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
「Flash」での重要な問題は、
開発サポート元(Adobe)がサポートを打ち切り、「廃止」を決定していることです。
(ブラウザでのプラグインに限らず)OSレベルでも Microsoft や Apple は動作をさせないことを決定済みです。

「Flash」の根本的な欠陥性:
1996年1月1日に公開された時代遅れの規格であり、現代では通用しない古物「廃品」に継ぎ接ぎしながら生きながらえてきたような「ポンコツ」品です。Symantec、McAfee、Kaspersky が「Flash Player の脆弱性により、セキュリティシステムをバイパスできるようになる」とレポートしているほどで、サイバー攻撃者の「格好の標的」にされています。
PC 内に「Flash」が存在するだけでマルウェアを呼び込み、一意の個人情報が窃盗されたり、リモートコントロールされ「踏台」にされたりの被害が確認されています。これらの「エクスプロイト」は、発見され次第、Adobe によって(セキュリティ・ホールを塞ぐ)緊急セキュリティ・パッチが提供されましたが、もぐらたたきゲームの様相で、もはや「お手上げ」の様相です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Adobe_Flash#Security

そのため、「Flash」を使用しているサイトやゲーム制作者などに対し、「HTML5」への移行を要請していました。
例え、スタンドアロンで「Flash」を運用したとしても、セキュリティパッチが提供されない以上は、エクスプロイトに脆弱で、リスクに無縁ではありません。

残念なことに(メンテナンスが放棄されたサイトなどで)Flash のみを動作条件にするものが存在していますが、エンドユーザーは「引き際」を心得る必要があるでしょう。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他