フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
Blink(レンダリングエンジン)を採用する「Chromium」ブラウザは、
本来は「オープンソースプロジェクト」で開発サポートがされていますが、実質的に「Google」が牛耳っており、Google の意向に制約されています。
しかしながら「Brave Software」は、(元 Mozilla の CEO:Brendan Eich が創設し、Firefox のエンジニアをヘッドハンティングして陣容を固めた)経緯上、ブラウザの開発能力は並外れており、Google の束縛を離れて「オープンソースプロジェクト」ならではの独自の開発サポートが行えます。
https://github.com/brave/brave-browser/
エンドユーザーの期待値に違わず、ライバルブラウザ「Firefox」同等のセキュアさを実現していると感じています。
すでに Brave ブラウザは、ブラウザ市場で過去 12か月で最も躍進した存在で、月間アクティブユーザー数が 12か月前の 870万人から今日では2,050万人に倍増(2.3倍)しています(単日でのアクティブユーザーは、昨年の 300万人から、今日の 700万人に相当)。
https://www.ghacks.net/2020/11/04/brave-browser-more-than-doubles-users-in-a-year/

Firefox との決定的な差異は、ブラウザ拡張機能の「品質」に尽きそうです。
現状、Chromium ブラウザの拡張機能は、Chrome Web Store(https://chrome.google.com/webstore/category/extensions)が原則で、高品質な AMO(addons.mozilla.org)が利用できないことですが、「Brave Software」は AMO のサポートを計画中です。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他