フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
ブラウザの拡張機能「uBlockOrigin:UBO」を「Edge」ブラウザに追加している場合は、即刻「削除」が必要です!

UBO の「Chromium」版は(Firefox 版とは異なり)機能不全を強要される「半端な仕様」ですが、UBO の開発者(Raymone Hill)は、Microsoft 公式の拡張機能ダウンロードサイトから追加できる「UBO」が、「改ざん」された「不正品」にすり替えられていることを発見し、2週間前に調査結果をツイートし、同日に Microsoft に対し「不正」を通報しました。
2週間を経ても進展はなく、不正品が利用可能な状態のままです。
その不正品をインストールすれば、ユーザーがアクセスしたすべてのページの「div dot show/alink」に「iframe」が挿入されます。
twitter.com/gorhill/status/1329831114119254026
※ UBO の「Chromium」版については、Raymone Hill は「開発サポート」の打ち切りを宣言しています。
https://freesoft-100.com/review/comment/17897/

関連情報:
https://www.ghacks.net/2020/11/23/be-careful-when-you-install-microsoft-edge-extensions-from-the-microsoft-store/
Microsoft が「Chromium」ベースに切り替えた理由は、
『Microsoft 製のブラウザに追加可能な拡張機能が(質、量ともに)貧弱すぎて、Google や Mozilla に太刀打ちできなかったこと』が公式見解でした。


「Chrome ウェブストア」で頻発している「不正品」の嵐(コメントに追記します)が、「extensions for Microsoft Edge」にも波及しており、結果として Microsoft の杜撰さ(不十分な審査プロセスと即応力のなさ)が露呈しています。


Google は、拡張機能の審査を「手動」で点検せず、AI(人工知能)に依存しています。
AMO(addons.mozilla.org)では、AI 依存を打ち切り、専任者が手動で徹底した点検をする手法に改め、以降、不正品が根絶されています。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他