フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
■ 準備
sendto (送る) フォルダーに「extLauncher64.exe」のショートカットを入れます。
(ショートカット名の例 : extLauncher)

■ extLauncher への登録
1. 目的の拡張子を持つファイルを右クリックして「送る(&N)」から上記で準備した extLauncher を選択。
2. extLauncher が起動するので目的のプログラムを追加していきます。
3. 「送る(&N)」の extLauncher から試して動作確認 (中には上手く渡せないソフトもあるので)

■ ファイル右クリック時の編集項目に登録 (上手く登録できない拡張子もあります)
「FileTypesMan」( x64版) を使って、ファイルを右クリックした時の編集項目にします。
1. FileTypesMan を起動して対象となる拡張子を探します。
2. edit 項目を編集するか新規作成で
例:
・アクション名 : edit
・右クリックタイトル (例) : ランチャーから選択して開く(&E)...
・コマンドライン (例) : "extLauncher64.exe のフルパスを指定" "%1"
( ↑ "%1" を忘れずに)
・アイコン (例) : extLauncher64.exe のフルパスを指定,0
・全ユーザー既定の動作 にチェック

これで、キーボード操作の場合は、「アプリケーションキー」 → 「E」キー で extLauncher のウィンドウが表示されるので「矢印キー (方向キー)」で選択して「Enter」キー押下ですみます。

■ 同類のファイルタイプを同じに登録
動画や画像ファイルのような、ほぼ同じランチャーのソフト登録内容でよければ、ひとつ作って 「extLauncher64.ini」 を開き、拡張子部分のみ変えてコピペ編集していくのが簡単です。
尚、「FileTypesMan」での作業は忘れずに。(この部分の登録は同じ内容の単純作業)
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他