フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
「Autoruns」は、システム起動時に実行されるプログラムはもちろん、レジストリで起動するように設定されているプログラムや、ロードされるコーデックなどをリストアップして制御できるので、私にとっては必須のユーティリティです。
v14.0 に更新したところ、起動や表示が速くなり、UI も見やすくなって効率的になりました。Option で「Dark 」テーマが追加されており、とても満足しています。
v14.0 では(Google に買収された)VirusTotal が使用不能になっています。
「NSA」との密接な関係が問題視されている「Google」のサービスは、「個人情報の尊厳」の脅威と考えているため、使用不能は私にとっては好都合です。
タスクマネージャーで、Autoruns(Autostart program viewer)を使用する際のシステムリソース(RAM、CPU)を確認したが、CPU: 0%、RAM は非常に少ないですね。特筆すべきは、Microsoft のユーティリティー(タスクマネージャーなど)にありがちな、過剰なシステムリソースを必要としないことです。
「Windows Sysinternals」は、ソフトウェア開発者の Bryce Cogswell 氏と Mark Russinovich 氏が設立した Winternals Software LP が運営していました。Microsoft は、2006年7月18日に、Winternals とその資産を買収したが、Sysinternalsは「創業者である Bryce Cogswell 氏と Mark Russinovich 氏」が現在も製品開発の主導権を握っており、Microsoft からの「独立した立場」を維持している特異な存在です。


v14.0 は、Windows 7 などのサポートが終了した「OS」では動作しません。
それらで動作可能な「旧バージョン」は、公式サイトに限らず、他のダウンロードサイトからも「削除」されています。Release Notes が不十分で詳細が不明ですが、ユーザーフォーラムによると「重大なバグ修正」が施されたメジャーアップグレード仕様と思われます。旧仕様のユーザーは、更新をお勧めします。


v14.0 は「日本語」で利用できません。しかし、いずれも単純なルーチンタスクなので、当サイト(freesoft-100)の「Autoruns for Windows の使い方」を参照すれば十分、実用に困ることはありません。
「指紋」対策上、ユーザーベースが特異な「日本人に限定される仕様」よりも「どこの誰かが判別困難な」国際標準の「英語」仕様に「統一して運用する」ことを推奨します。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他