フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
「ファイル金庫」を使ってみました。説明書きには「ファイルをパスワード保護された金庫に安全に保管します」とあります。簡単に言うと、「暗号化仮想ドライブ」の機能です。

使用法
1.好きな場所に、パスワードで保護された暗号化ファイル(拡張子bvd)を作成します。画像では、test1.bvd という100MBのファイルを作成しています。※数GBを超えるファイルも作成できます。
2.「ロックを外す」を選択し、パスワードを入力すると、任意のドライブにマウントすることができます。ここでは、Xドライブにマウントしました。
3.Xドライブに様々なファイルを保存します。
4.「ロックする」を選択すると、マウントが解除され、Xドライブは消えます。

実体は、test1.bvd という暗号化ファイルです。その中に様々なファイルを保存するという形態になります。拡張子bvdファイルは、Bitdefender独自のフォーマット(Bitdefender Vault Format)です。いくつかのサイトの記事によると、一部のBitdefender製品(ウィルスセキュリティZEROを含む)でしか扱うことができないファイルフォーマットのようです。

高機能なフリーソフト「VeraCrypt」を使っている人であれば、あえて「ファイル金庫」を使う必要はないように思えます。
なお、試してみましたが、「VeraCrypt」でbvdファイルを開くことはできませんでした。互換性はないようです。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他