フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
総合的に判断して、まったく役に立たず、邪魔にしか なりませんでした。

一例を示します。「少年犯罪データベース(http://kangaeru.s59.xrea.com/)」は、少年犯罪のデータベースを公表しているサイトです。警察白書などの客観的資料から統計や動向を調査しています。サイト内には「強盗、殺人、レイプ」などの言葉が多数存在します。これを「McAfee SiteAdvisor 3.6.3」で調査すると、以下の結果が出力されます。

----------------------------------------
http://kangaeru.s59.xrea.com/

これは不審なリンクです。 テストの結果、潜在的なセキュリティ リスクが見つかりました。 注意してください。
Web サイトのカテゴリ:
犯罪活動の可能性, 個人のページ, 健康
----------------------------------------

完全な えん罪です。要するに、サイトの内容を確認せずに、犯罪に関するキーワードが多いサイトは「不審なリンク」と一方的に決め付けています。これでは単なる「えん罪発生ツール」です。まじめにサイトを運営している人たちが かわいそうです。

そもそも、このツールが安全を保障してくれるのは「ごく一部の有名なサイト」だけです。ほとんどのサイトは以下のメッセージです。
----------------------------------------
このリンクはまだ評価されていません。 十分な情報がないか、まだテストを行っていません。 注意が必要です。
Web サイトのカテゴリ:N/A
----------------------------------------

つまり「どうみても安全なサイト」だけを安全と表示して、「どうみても有害なサイト」だけを有害と表示して、ほかは「不明」と表示します。これでは何の役にも立ちません。しかも えん罪が多数存在するのですから、利用価値はゼロどころかマイナスとさえ いえます。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他