フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
OfficeIME2010、その後しばらくはBaiduを予測変換の効率の良さで使っていました。
GoogleIMEもデフォルトのまま使用していたので性能あることがイメージできませんでした。

しかし、ユーザー辞書をどんどん充実したら予測変換を飛躍させることができることに気が付きました。辞書はフォルダー別に何個でも作れるので仕事用やプライベート用等、専門用語など別々にしました。
GoogleIMEの優れたところとして、キー打鍵の位置変更やキー入力のコマンド設定(プリセット)ができることです。これでキー配置変更ソフトも不要にできます。例えば、CapsLockキーなんて無用の長物でしょうから、これを他の目的のキーにすることができました。後は変換中の予測語の選択キーはTabキーですが、遠いと感じるなら、別の手前の位置のキーに割り当てるなどが簡単にできます。
自分に自由に属性化できる日本語変換ソフトとしては高く評価したいと思います。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他