コピペチェックツールとは

オウンドメディア内の記事、サービス用コンテンツ、クラウドソーシングで依頼した記事など、既にWeb上にある記事の流用、盗用、コピペでないかどうか、逆に流用、盗用、コピペされていないかどうかをチェックできるツールです。
Google などの検索エンジンでは、まったく同じ、ほとんど同じ文章の記事であれば、評価が上がりにくい傾向にあり、場合によってはパンダアップデートなどのアルゴリズム更新で低い評価と判断されたり、低品質コンテンツとして判定されたりしてしまう恐れがあります。

コピペをチェックできるツールを利用することで、それらのリスクをできる限り減らし、安全度の高いコンテンツ運用ができるようになります。
参考
関連ツール

無料コピペチェックツール

コピーコンテントディテクター

CopyContentDetector

0
(0件)
  • Web
無料、回数無制限で4,000文字までコピペチェックできるツール

クラウドソーシングで依頼した記事のコピペチェックや自社コンテンツのコピペチェック、論文の盗用チェックなどを行えるクラウドアプリです。
文章の貼り付けだけでなく、テキストファイル、CSVファイルでの一括登録にも対応。

  • Web 上のコピペチェック(類似度)を判定する「類似度判定」
  • Web 上のコピペチェック(一致率)を行う「一致率判定」
  • 調査した文章同士のチェックを行う「テキスト判定」

上記のそれぞれで、コピーの疑い / 要注意 / 良好 の判定結果を表示します。

対応OS:
カゲムシャ

影武者

0
(0件)
  • Web
  • シェアウェア
  • 体験版○
忍者ツールズを提供しているグループ会社によるテキストコピーチェックツール

クラウドソーシングの「Shinobi ライティング」で使用しているコピーチェックシステムより作られたテキスト解析ツールです。
対象となる文章がコピー・ペーストされた文章かどうかについて、オリジナル文章のちょっとした言い回しの変更、一部の削除、文章の入れ替えなど、単純なコピー文章じゃないものも一致率を算出して判定します。
また、テキストファイルの一括チェック、指定URLのチェック、履歴の参照といったことも可能です。

※ 無料プランの場合、検索回数は10回まで、チェック対象はWeb全体のみ(ファイル同士のチェックなし)、解析結果ダウンロード不可の制限があります。
対応OS:
提供元:CROCO株式会社