SSL(エスエスエル)

SSL(エスエスエル)とは・・・Secure Socket Layer(セキュアー・ソケット・レイヤー)の略で、インターネット通信で送受信する情報を暗号化する方式です。
SSLはネットスケープ社が開発し、通信を暗号化することでインターネット利用時の情報漏洩、盗聴、データの偽造・改ざんの防止を目的として利用されています。

銀行や証券会社などで住所や名前などの「個人情報」を入力する画面では、SSLが使われているのが一般的でした。

そして、Google が2014年にSSLサイトであるかどうかを検索ランキング要因の一つとして扱うと発表。 さらに2018年2月に Chrome バージョン 68 からSSL非対応サイトには「保護されていません」とタイトルバーにラベルを表示する方針を決定したこともあり、SSLサイトの普及がさらに加速しました。

この流れの中で Yahoo!JAPAN などの大手サイトを含む数多くのウェブサイトがAOSSL(常時SSL)に対応し、ログインページなどだけではなく全ページにわたって通信が暗号化されるようになりました。

ちなみにこのサイト、フリーソフト100も2017年10月1日より全ページがSSLに対応しました。


ウェブサイトがSSL通信規格を利用しているかどうか確認する方法は2通りあります。

アイコンを確認する

1つ目は、ブラウザーのタイトルバーに南京錠のアイコンが表示されていればSSL通信規格を利用しています。

Chrome の場合
Chrome の南京錠アイコン

Firefox の場合
Firefox の南京錠アイコン

Internet Explorer の場合
IE の南京錠アイコン

Microsoft Edge の場合
Edge の南京錠アイコン

URLを確認する

2つ目はURLのアドレス欄を確認する方法です。
URLは一般的な画面では「http://xxxxx.xxxxx.com」のようになっていますが、SSL通信規格の場合は、「https://xxxxx.xxxxx.com」のように小文字の s が付いた「https」となっているのが特徴です。


外部関連サイト
e-Words / Wikipedia