ALShow とは

ALShow は、豊富なコーデックを内蔵し、ASF / AVI / DIVX / FLV / MOV / MP4 / MPEG / RM / SWF / VOP / WMV などのほとんどの動画・音楽を再生できるマルチメディアプレイヤーです。

再生している音楽や動画をお気に入りに追加できる動画ブックマーク、強力なキャプチャ(静止画、動画、音声)取得機能のほか、画面位置調整、アスペクト比調整、拡大&伸縮調整、字幕設定、スキン変更などの機能を用意。キーボードショートカットに対応しており、ほとんどの操作をキーボードから操作できます。

※ 2011年12月2日、ALPlayer から ALShow へと名称変更しました。
 

ALShow のダウンロード・インストール

<ダウンロード>

ALShow は下記のURLよりダウンロードできます。
http://www.altools.com/downloads/alshow.aspx


<インストール>

ダウンロードしたファイルはセットアップファイルになっているので、ダブルクリックするとインストールが始まります。使用許諾契約書が表示されます。「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ、「Next」ボタンをクリックします。「Next」ボタンをクリックします。


インストール先の選択、スタートメニューに登録するフォルダー名の設定です。変更ない場合はこのまま「Next」ボタンをクリックします。

アイコンの設定です。デスクトップアイコン、クイック起動アイコン、スタートメニューアイコンの作成有無を設定できます。変更ない場合はこのまま「Next」ボタンをクリックします。

インストール準備完了です。「Install」ボタンをクリックします。

インストール中です。
インストール完了です。



ALShow の使い方

<日本語化方法>

日本語化パッチ配布サイトから日本語化パッチファイルをダウンロードします。下記のURLからダウンロードできます。
日本語化工房

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、中身の English.dll をALShow のインストールフォルダー内、language フォルダーにコピーします。
※ デフォルトでは、C:¥Program Files¥ESTsoft¥ALShow¥language
※ 下図はALZip で解凍したファイルを language フォルダーにコピーしている手順です。

ALShow を起動すると、メニューが日本語表示に変わります。

<使い方>

ALShow を起動すると、黒い画面のソフトが表示されます。

左上の「ALShow」ボタンをクリックすると、メニューが表示されます。メニューの「ファイル(F)」⇒「ファイルを開く(O)」をクリックして動画を再生できます。画面上にマウスカーソルを載せると、上部にファイル名、下部に動画の再生/停止ボタンなどの操作盤が表示されます。

マウスカーソルを画面上から移動させるか、約4秒間マウスカーソルを動かさないでおくと、ファイル名表示や操作盤が非表示になります。
※ 操作盤の Always display playback controller ボタンをクリックすると、操作盤を表示させ続けることができます。

操作盤の Show/Hide Playlist ボタンをクリックすると、プレイリストを表示/非表示できます。複数の動画や音楽を追加しておいて、順番に再生するといった場合に便利です。

再生している動画から静止画をキャプチャして取得したり、動画キャプチャ(動画の切り取り)や、音声キャプチャ(音声のみ切り取り)に対応しています。
キャプチャの保存フォルダーはマイドキュメント配下のALPlayer Captureフォルダーです。
※ Windows Vista/7 の場合、C:¥Users¥(ログインユーザー名)¥Documents¥ALShow Capture

動画ブックマーク

「お気に入り」と「ブックマーク」の2つの機能が用意されています。
お気に入り … お気に入りファイル、お気に入りフォルダーを追加しておき、いつでも再生できる機能です。

ブックマーク … 1つの再生ファイル内にブックマーク登録でき、登録しておいた秒数から再生できます。

親分が来た!

音楽を再生していたり、動画を再生しているときに急に来客が来たり、こっそり仕事中に再生していたのに急に上司が席に近づいてきた…、そんなときに使えるのがこの「親分が来た!」機能です。
再生中に [Esc] キーを押すと、一発で再生を一時停止&タスクトレイに格納してくれます。別に誰かからソフトを隠したいわけじゃない場合であっても、簡単に一時停止できるので、なかなか便利な機能です。
※ [Esc(エスケープ)] キーを押すと、下記のようなメッセージが表示されてタスクトレイに収納されますが、「今後このメッセージを表示しない」にチェックを入れることで、メッセージ自体をも非表示にすることも可能です。

キーボードショートカット

便利なキーボードショートカットに対応しています。いちいちマウスで操作しなくても、キーボードを押すだけで操作できるのも魅力の一つです。
[Enter] キーでフルスクリーン/元に戻す、矢印キーの上下でボリュームコントロール、矢印キーの左右で10秒戻す/進める、数字キーの1~5で画面サイズの変更などができます。

■ 主なキーボードショートカット

スキン

スキンは2種類用意されています。メニューの「ファイル(F)」⇒「設定(E)」から設定画面を表示させます。表示された設定画面の左メニューから「スキン」をクリック。

スキンはデフォルトの「DefSkin」と「WhiteSkin」が用意されています。「WhiteSkin」を選択し、「OK」ボタンをクリックすると、スキンが白に変更されます。

対応しているフォーマット

ALShow は下記の通り、様々なメディアフォーマットに対応しています。
3G2, 3GP, 3GP2, 3GPP, ASF, ASK, ASX, AVI, BMK, DAT, DIVX, FLV, IFO, K3G, M1V, M2T, M2TS, M2V, M4V, MKA, MKV, MOV, MP4, MPA, MPE, MPEG, MPG, MTS, OGM, RM, RMVB, SKM, SMI, SMIL, SRT, SUB, SWF, TP, TS, VOB, WM, WMP, WMV, WMX, WVX


ソフトウェア情報

● 作者サイト : http://www.altools.com/ALTools/ALShow.aspx
スクリーンショット
ALShow の評価・レビュー
ALShow のダウンロード・使い方
● 日本語化パッチ : 日本語化工房
● 対応OS : Windows XP/Vista/7(32/64bit)
● 提供元 : ESTsoft Corp.