オフィスソフトとは

オフィスでの仕事をサポートするためのソフトウェアがオフィスソフトです。オフィスソフトには、ワープロ、表計算、プレゼンテーションなどのツールがあります。現在の主流となっているのが、マイクロソフトのオフィスソフトであるマイクロソフトオフィスです。

出張先で急にオフィスソフトを使う必要がある、オフィスソフトを買う予算がない…そんなときに役に立つのが無料のオフィスソフトです。これはオープンソースで開発され、無料で配布されています。

参考
USBメモリー対応
オンラインツール
関連ツール

無料オフィスソフト

リブレオフィス

LibreOffice

3.31
(35件)
  • 寄付歓迎
OpenOffice.org の元メンバーが開発に加わっているフリーのオフィスツール。

Apache OpenOffice と機能はほぼ同じで、マイクロソフトオフィスと高い互換性のあるソフトです。更新頻度も高く、フリーのオフィスソフトとして最もお勧めできます。
海外製ですが、標準で日本語に対応しています。

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012, Mac OS X 10.8以降, Linux, Android
● 対応Office : MSOffice 97/2000/2002/2003/2007/2010
ダブルピーエス オフィス

WPS Office(旧 KINGSOFT Office)

3.40
(40件)
  • シェアウェア
  • 体験版○
Microsoft Office に次ぐ世界シェア2位の総合オフィスソフト

キングソフトオフィスから2016年11月にリブランド。新しく生まれ変わったオフィススイートです。
マイクロソフトオフィスで作成したワード、エクセル、パワーポイントの資料を WPS Office で閲覧、編集できることはもちろん、PDFにもファイル出力ができます。製品版なので有償ですが、オフィス製品にも関わらず価格は5,880円(税込)~と格安。さらに無料と違いサポートがしっかりしているのが魅力。30日間はお試し期間として無料で利用できます。

※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。試用期間の期限後は編集できないものの、ファイルを閲覧するためのビューアとして利用できます。
対応OS:Windows Vista/7/8.1/10(32/64bit)
● 対応Office : MSOffice 2000/XP/2003/2007/2010/2013
ポラリス オフィス

Polaris Office

4.75
(4件)
PC、モバイルで Word / Excel / PoewrPoint などのオフィスファイルを閲覧、編集できるクラウドベースのオフィスソフト。

Microsoft Office(Word / Excel / PoewrPoint)、テキストファイルの閲覧・編集、PDFファイルの閲覧に対応したオフィスソフトです。ファイルはクラウドストレージに保存されるため、他のPC、iPhone / Android 端末からでも同じドキュメントを閲覧、編集でき、編集内容は自動保存されるため、保存し忘れるといった心配がありません。リアルタイム共同編集、チャット機能もサポートし、個人での利用だけでなく、グループでの活用ができるのも特徴です。

※ 無料版の場合、ドキュメントの閲覧制限(60MB/月)、使用機器台数(PC / Mac/ タブレット / スマートフォンなど最大3台)、クラウドストレージ容量15GB、PDFは閲覧のみ(編集不可)などの制限があります。
対応OS:Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9以降, iOS, Android
アパッチ・オープンオフィス

Apache OpenOffice

3.94
(32件)
オープンソースで開発されているオフィスソフトです。

マイクロソフトオフィスと高い互換性を持ち、Word や Excel などで作成したファイルをオープンオフィスで開いて閲覧・編集することができます。逆に、オープンオフィスで作成・編集したファイルをマイクロソフトオフィスで開くこともできます。さらに作成したファイルをPDFファイルで保存したり、XHTML形式で保存したりすることもできます。操作方法は通常のマイクロソフトオフィスとほとんど変わりません。

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2012, Mac OS X 10.4以降, Linux, Solaris
● 対応Office : MSOffice 97/2000/2002/2003/2007/2010
マイクロソフト オフィス

Microsoft Office 2016

5.00
(1件)
  • シェアウェア
  • 体験版✕
世界で最も利用されているオフィスソフト。

Windows を開発・提供している Microsoft によるオフィスソフトです。文書ソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンソフトの「PowerPoint」、メールやスケジュール管理できる「Outlook」、アイデアや情報をノートにまとめられる「OneNote」を利用できます。Word ではドキュメント作成・編集だけでなく、PDFの編集・保存も可能です。
期限切れのない「買い切り」タイプ、最新バージョンをいつでも利用できる「更新」タイプ(Office 365 Solo)が販売されています。

※ 本ソフトはシェアウェアです。
※ 購入するエディションによって利用できる製品が異なります。
対応OS:Windows 7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012
シンクフリー オフィス

ThinkFree Office

2.00
(1件)
  • シェアウェア
  • 体験版✕
コストダウンに効果的な低価格 Microsoft Office 互換ソフト。

Microsoft Office Word / Excel / PowerPoint とほぼ同じ操作感でファイルの閲覧、編集が可能なオフィスソフトです。Microsoft Office 2003/2007/2010/2013/2016 のファイルを閲覧・編集でき、価格は Microsoft Office と比較して約8分の1。高い互換性が魅力で、開いているファイルをPDFファイルとして保存する機能も備えています。

対応OS:Windows Vista/7/8/8.1/10
マイクロソフト オフィス スターター

Microsoft Office Starter 2010

0
(0件)
  • 海外
  • 日本語✕
かつてPCにプリインストールされていた Microsoft Office 2010 のスターターバージョン。

通常の Microsoft Office と比べるといくつかの機能制限があるほか、利用できるのは Word / Excel のみで、画面右端に Office のバナー広告が表示されるなどの違いがあります。基本的な閲覧は問題なく行えますが、リボンをカスタマイズできない、パスワード保護できない、表作成できないなどの機能制限はありますが、それ以外は編集・保存が可能です。また、本ソフトは英語版のみで日本語には対応していません。

※ 提供元サイトでの配布は終了しました。
※ 64bit OS には対応していません。
対応OS:Windows Vista/7(32bit)
提供元:Microsoft Corporation
ロータス シンフォニー

Lotus Symphony

2.00
(4件)
IBM社が提供するワープロ、表計算、プレゼンテーションの統合オフィス環境。

1つのソフトウェア上でワープロ、表計算、プレゼンテーション、ブラウザをタブで切り替えながら操作、編集することができるのが特徴です。Eclipse ベースのソフトのため動きが重たく、マシンのパワーがある程度必要です。
海外製ですが、標準で日本語に対応しています。ダウンロードには無料会員登録が必要です。

※ 利用には簡単な無料登録が必要です。
※ 2012年1月の 3.0.1 が最終版となります。
対応OS:Windows XP/Vista/7, Mac OS X 10.6.2/10.7, Linux, Ubuntu
提供元:IBM Corporation.