PDF-XChange Viewer とは

複数のPDFファイルをタブ切り替え形式で軽快に閲覧することができるPDFリーダーソフト。
下線を引いたり、ハイライト(蛍光ペン)を引いたり、吹き出しを追加したり、四角形、円形を挿入したりというちょっとした編集や、パスワード保護設定の機能を備えています。海外製のソフトですが、日本語に対応しています。
 

PDF-XChange Viewer のダウンロード・インストール

<ダウンロード>

Vector よりダウンロードします。
下記URLへアクセスし、下図赤枠の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/writing/se492489.html

Vector

<インストール>

ダウンロードした圧縮ファイル(PDFXVwer.zip)を解凍し、セットアップファイル(PDFXVwer.exe)を実行すると、インストールを開始します。
インストール言語の選択画面です。最初から「Japanese」が選択されているので「OK」ボタンをクリックします。
インストール言語の選択画面

セットアップウィザード画面がスタートです。「次へ」ボタンをクリックします。
使用許諾契約の同意画面です。「同意する」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
インストール先の設定画面です。変更ない場合はそのまま「次へ」ボタンをクリックします。
インストールコンポーネントの選択画面です。ここではそのまま「次へ」をクリックします。
プログラムグループの設定です。そのまま「次へ」をクリックします。
追加タスクの選択画面です。デスクトップアイコンやPDFファイルの関連付けなどを設定します。ここではそのまま「次へ」をクリックします。
登録コードの設定画面です。ここではフリー版を利用するので「Free Version」を選択して「次へ」をクリックします。
インストールの準備完了画面です。「インストール」をクリックします。
インストール中です。
インストール完了しました。

PDF-XChange Viewer の使い方

<使い方>

PDFファイルの表示

PDF-XChange Viewer を起動し、画面中央の灰色の部分をダブルクリックすると、ファイル選択ダイアログが表示されるので、表示したいPDFファイルを選択して「開く」ボタンをクリックすると、ファイルを表示することができます。

スナップショット

ツールバー上のカメラアイコンをクリックします(※下図赤枠)。キャプチャとして保存したい範囲をドラッグで選択すると、キャプチャがクリップボードにコピーされます。

編集ツール

コメント、吹き出し、ハイライト、下線など様々な編集ツールが用意されています。

PDFファイル情報の設定

PDFファイルを右クリックして表示されるPDFファイル情報を設定、編集できます。画面左下の「オプション」をクリック。表示された「ドキュメントのプロパティ」をクリックします。

ドキュメントのプロパティ画面が表示されます。この画面からドキュメント情報(タイトル、作者、サブタイトル、キーワード)を設定することができます。

暗号化によるパスワード保護設定

PDFファイルを開くときや、セキュリティの設定を変更する際に、パスワードをかけて保護することができます。上記の画面から赤枠の「セキュリティ」をクリックします。表示された画面の「セキュリティ設定」プルダウンをクリックし、「パスワードセキュリティ」をクリックします。

パスワードセキュリティ - 設定画面が表示されます。PDFファイルを見ること自体にパスワードをかけるには、下図赤枠の「ドキュメントを開くときにパスワードを要求する」にチェックを入れ、パスワードを入力して、OKボタンをクリックします。

次回以降、このPDFファイルを開くときにはパスワードによるロックをかかることになります。


ソフトウェア情報

● 提供サイト : http://www.tracker-software.com/
スクリーンショット
PDF-XChange Viewer の評価・レビュー
PDF-XChange Viewer のダウンロード・使い方
Vector からダウンロード
● 対応OS : Windows XP/Vista/7/8/8.1
● 提供元 : Tracker Software Products