30種類以上の視覚効果による切り替えができるスライドショー作成ソフト

Bolide Slideshow Creator

Bolide Slideshow Creator
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:3

対応OS:
Windows XP/7/8/8.1/10

多彩な視覚効果、BGMやテキストの追加、パン・ズームを追加したスライドショーを作成できるソフトです。写真表示時間と視覚効果の時間を個別に設定でき、それぞれにパン・ズームの効果を設定できます。作成したスライドショーは AVI / WMV / FLV / MP4 / MKV フォーマットで保存できます。

提供元:

Bolide Slideshow Creator の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、画面右の「FREE DOWNLOAD」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(bsc_setup.exe)からインストールします。

使い方

写真を追加する

ソフトを起動して Bolide Slideshow Creator ウィンドウにドラッグ&ドロップするか、ツールバーの Add photos to library アイコンをクリックして写真を選択して追加できます。

追加した写真をドラッグ&ドロップで画面下部のタイムラインに追加します。ツールバーの Add selected pictures to the movie をクリックして追加したり、Add all pictures random order をクリックしてランダムな順番で追加することもできます。

1枚あたりの表示時間を調整する

初期設定では、写真1枚当たりの表示時間が5秒に設定されています。この時間を長くしたり短くしたい場合は、タイムラインの写真をクリックして、Fragment Duration の Fragment Duration 横の数字を入力して調整します。矢印の上下をクリックして調整することもできます。
調整が終わったら、数字のすぐ横に表示される緑色のチェックアイコンをクリックして、変更を確定させます。

上記設定は、1枚ごとに適用されます。写真全体にまとめて適用させたい場合は、メニューの「Options」⇒「Options」から「Settings(設定)」ウィンドウを表示させ、「Default photo duration(デフォルトの写真継続時間)」を5秒から調整できます。

この「Settings」ウィンドウで、「Default transition duration(デフォルトのトランジション継続時間)」も1秒から調整可能です。

視覚効果(トランジション)を設定する

タイムラインに複数の写真を追加した状態だと、写真の切り替わりの視覚効果には「Cross Fade(クロスフェード)」が適用されます。これを変更するには、「Transition(トランジション)」タブをクリックするか、タイムラインの Transition をダブルクリックします。

表示された視覚効果一覧から、任意のものをクリックして選択します。選択すると、画面右にてその視覚効果のプレビューが表示されます。どれにするか決まったら、その項目をダブルクリックすると、視覚効果が適用されます。

上記方法だとすべての視覚効果に同じものが適用されてしまいます。個別に違う視覚効果を設定したい場合は、変更したい視覚効果をマークします。
マークするには、タイムラインの Transition を「Ctrl」キーを押しながらクリックするか、クリックして選択状態にした後、画面右の Mark, unmark をクリックします。

マークした後、ツールバーの Set transition 横の▼をクリックして「To marked」をクリックして任意の視覚効果を設定するか、Set random transitions between all photos 横の▼をクリックして「To marked, random」をクリックしてランダムな視覚効果を設定します。

オーディオを追加する

「Audio files(オーディオファイル)」タブをクリックして、音楽ファイルを追加できます。追加した音楽ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップして適用できます。

エフェクトを適用する

「Effects(エフェクト)」タブをクリックして、Text(テキストの追加)、Pan zoom(パン・ズームの追加)、Rotate, miror(画面の回転)ができます。

スライドショーの出力サイズを設定する

画面中央の Fragment Duration の並びにある、Output video resolution をクリックして、作成するスライドショーの出力サイズを設定できます。
設定できるサイズは次の通り。
128x160, 176x220, 240x320, 480x800, 480x640, 320x480, 640x960, 1024x768...
※ 当然ですが、サイズが小さくなればなるほど容量は軽くなる半面、画質が落ちてしまいます。


スライドショーを保存する

スライドショーを保存するには、Make video をクリックします。
表示された「Make video」ウィンドウから、出力フォルダ、ファイル名、フォーマット(AVI / WMV / FLV / MP4 / MKV)、クオリティ(Best / Good / Poor)を選択して「OK」ボタンをクリックすると保存できます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    一枚、一枚の「絵」から「絵」への移動時にトランジションの形式…

    usericon 2323(3)Windows 8/8.1

    一枚、一枚の「絵」から「絵」への移動時にトランジションの形式を変えたり、さらに、クロスフェードも混在で組み立てる事が出来き、また、他の「絵」と「絵」の間で使っている形式と、交換も可能!。この事が解ってからこのソフトのすごさが解って、愛着が涌いて来ました。これで表現の幅がグンと大きくなりました。1か所変更したら、即フォルダに戻して、一旦記憶させる。これが使いこなす「コツ」。
    とにかく、スゴイ!。感動!。

  • コメント

    このソフトは非常によく出来たソフトですが、一つ重大な欠陥があ…

    usericon 2323(3)Windows 8/8.1

    このソフトは非常によく出来たソフトですが、一つ重大な欠陥がある。Projectで細かい修正を加えて、同じ「絵」に片やZoom in 片や、 Zoom out にして、最初から最後まで、動きが正常なのを確認したあとで、ビデオ化すると、ビデオではZoom in & Zoom out した「絵」のみ横幅が半分くらいに縮小された「絵」になってしまう事がある。縦方向は正常の縦長の画像になってしまう。これが一大欠陥。他は「トランション」が一枚ずづ変える事が出来ないのであまり、表現の幅はない。しかし、Zoom in とZoom outを一枚ごとに指定出来る事がすばらしい。

  • 4

    友人から披露宴のスライドを作ってくれと言われ、使ってみました…

    usericon マリモのパパ(516)Windows 7

    友人から披露宴のスライドを作ってくれと言われ、使ってみました。
    英語ですけど何となく意味が分かるので使えると思います。
    トランジョンやエフェクトで遊んでいたらあっという間に3時間も(汗)
    なかなか楽しいソフトです。

Bolide Slideshow Creator に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 5 件)