HTML構文の誤りチェック、URLの簡易チェックを行うSEO要素チェッ…

HTMLクイックチェッカ

HTMLクイックチェッカ

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

HTML構文の誤りチェック、URLの簡易チェックを行うSEO要素チェックソフトです。インストール不要で利用でき、タグの閉じ忘れ、不正な要素、無効な属性地、リンク切れなどを複数ファイルに対して一括でチェック可能。チェックしたファイルのソースを表示して修正もできます。

提供元:

HTMLクイックチェッカ の使い方

ダウンロード

1.こちらからダウンロードできます。
2.ダウンロードした圧縮ファイル(hchk013.lzh)をダブルクリックして解凍します。
※仕様として、文字コードがUTF-8やEUC-JPの場合(Shift-JIS以外の場合)は文字化けします。

使い方

1.実行ファイル(hchk013.exe)をダブルクリックすると起動します。
2.リストにファイルを追加していきます。リストにフォルダを追加 ボタンをクリックしてチェックしたいファイルが含まれるフォルダを追加します。個別にチェックしたい場合はリストにファイルを追加 ボタンをクリックしてチェックしたいファイルを追加します。
3.リストにファイルが追加されたら、構文チェック開始 ボタンをクリックして構文チェックを行います。構文チェックを行うと、各ファイル横に下記のアイコンが表示されます。
問題なし … 問題なし。
情報 … 情報。エラーや警告以外のメッセージがある場合。
注意 … 注意。問題がある場合。
警告 … 警告。重大な問題がある場合。
障害 … 障害。ファイル読み込みに失敗した場合など。

4.ファイルリストのファイルをダブルクリックすると、ソースを表示し、下部に問題点が表示されます。下部の問題点をクリックすると、問題個所のソースに移動して反転表示します。問題個所を修正した後、上書き保存 ボタン、またはすべて上書き保存 ボタンで変更を保存できます。

<設定>


デフォルトではチェック対象ファイルフォーマットはHTM / HTML / SHTML です。設定より、PHPなど他のフォーマットを追加できます。
1.メニューの「設定(O)」⇒「設定(O)」をクリックして設定を開きます。
2.「ファイルの種類(F)」タブをクリック。
3.HTMLファイルの項目に「php」と入力して「追加」ボタンをクリック。
4.画面右下の「OK」ボタンをクリックすると、PHPフォーマットを追加できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?