リスクのあるプロセス、サービス、ドライバーをチェックできるタスクマネージャー拡張ソフト

  • 5

    【追記あり】”バージョン1803”[KB4284848]の不具合ですが既…

    緩やかに
    緩やかに
    投稿数: 169件
    Windows 10

    ”バージョン1803”[KB4284848]の不具合ですが既定ブラウザーを『Edge』から
    『Firefox』に変えたらバックグラウンドアプリケーションの項目で『Edge』が
    表示されなくなりました(標準のタスクマネージャーでも確認)
    その後また『Firefox』から『Edge』に戻しても表示されないことを確認
    致しました。(私個人は既定ブラウザー『Firefox』に変えます)

    私の推測ですが既定ブラウザーが始めから『Edge』の場合起こりうる現象では?
    と思います。
    それでも表示された場合一旦『Edge』を右クリックタスクの終了させてから
    既定ブラウザーを変えれば私のような現象が回避できるのでは?と思います。
    それから前回同様、既定ブラウザーを、変えても、設定<プライバシー
    <バックグラウンドグラウンドアプリ Off、「再起動&シャットダウン次回Pc立ち上げ」
    自動Onは変わりません。07/09 確認

    【スタートアップの設定、アプリケーション、プロセス、サービス、ドライバ、ログ】
    一旦使用すると便利で標準のタスクマネージャーには戻れませんね。
    ■以上で私の環境では”バージョン1803”[KB4284848]の不具合は今の所ありません。


    今月の累積更新 (KB4338819)を入れた為か始めにレビューした方法
    (既定ブラウザー『Firefox』)でも「バックグラウンド アプリ」で
    何にも利用してない『Edge』たまに立ち上がります。

    「Pc立ち上げ後」真っ先に
    設定<プライバシー<バックグラウンドアプリ ”Off”で 回避が現状での
    方法かと思います。


    本日確認した所私のPc環境では「再起動&シャットダウン次回Pc
    立ち上げ」
    設定<プライバシー<バックグラウンドグラウンドアプリ自動Onは
    解消されました。それにしても本ソフトは便利です
    【裏で動く怪しいアプリや脆弱性の確認】セキュリティーの面も
    兼ね備えています。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい