連番や指定文字列の追加、先頭文字のみ大文字化、大文字/小文字化、文字列の置換などに対応したリネームソフト

  • 5

    edgeのキャッシュファイルの閲覧・整理にも

    edgeのcache見たいくん
    edgeのcache見たいくん
    投稿数: 1件
    Windows 11

    edgeのキャッシュファイルの閲覧・整理にも。

    キャッシュファイルは元のファイル名とは異なる連番となっており、かつ拡張子がありません。
    したがって、我々に判別できるのは(特別な閲覧ソフトを使わない場合)、精々容量程度となります(あとは更新日時から類推することはできるとは思います)。
    そして試しに、画像だと思うものをキャッシュフォルダ内でコピーし、.pngとつけると開くことができました。
    そこで、私は「キャッシュファイルを移動させたうえで拡張子を付ければ簡単に見られるじゃん」と思いました。しかし、10個程度なら手動でも我慢できますが100個越ともなるとあまりやりたくありません。

    そこで、このソフトで、例えば.pngとすべてのファイルにつけてあげることで画像であれば(多分全部)閲覧ができます。
    そして要らない画像(例えば広告とか)だけ削除すればいいわけです。
    (画像を例に挙げたのは、大きさ項目で判別しやすいから)

    「うっかりウェブから保存し忘れて、その後何らかの理由でページの消滅で削除された画像」をまた見たい時なんかにもいいんじゃないでしょうか。
    「ブログに画像残して安心してたらサービスが終わってた!大切な旅行の思い出が!先月閲覧した時は大丈夫だったのに!」とか「ブラウザゲームがメンテ失敗でデータ飛んで急にサ終した!せめて画像の一枚でも残したかったのに!」とかね…
    そういう時に何かしらキャッシュから見つかるかもしれませんよ(そもそもキャッシュが残ってないとだめですが…)

    えっと…文字列の変更も使い方次第でそういうことができるということで…
    1人くらいは誰かの役に立つかと思いここに書いておきます。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • mita
    mita
    投稿数: 1件

    ChromeCacheView って便利なツールもありますよ。
    http://www.nirsoft.net/utils/chrome_cache_view.html
    起動して、「File」→「Select Cache Folder」 で、[Edge Folder] を選択。
    「View」→「Show Preview Pane」 にチェック。
    Content Type でソートして、目的の *.png や *.jpg 等の画像を選択すれば下部ペインに表示されます。
    外部へ出力する事もできます。