スタイリッシュなメールソフト Opera Mail をUSBメモリーで持ち運べるポータブル版
  • 5

    ラベルによるメールの振り分けは条件を付けて自動ででき、自動で…

    X6004
    X6004
    投稿数: 40件
    -

    ラベルによるメールの振り分けは条件を付けて自動ででき、自動で対応しきれない例外も手動でラベル付け可能で、さらにはフォルダのようにドラッグ&ドロップでラベルに登録することもできる。Outlook(expressなし)やsylpheedの検索フォルダは自動だけなので、結局対応しきれないメールが出てきて、実フォルダでの整理がメインになるだろう。Opera Mailのシステムは合理的ですっきりしていて好感が持てる。

    Opera Mailは複数アカウントの受信メールを通しで見ることができ、ラベルもアカウントをまたいで同じジャンルのものを一まとめにできる。しかも複数アカウントが入り混じった状態からでも、受けたアカウントで(何も特別な操作なしで)返信できる。

    検索は全アカウント通しで、件名・差出人・本文まで対象に可能で、andもスペースで区切るだけ。検索範囲をビュー内に限定もできるので、アカウント内やラベル内だけでも可能。惜しいのは検索語の入力時、妙に反応が遅くなることがあるが、インクリメンタルサーチの弊害だろうか。every thingのようなファイル検索ソフトもそうだが、かな漢字変換の伴う日本語にインクリメンタルサーチは邪魔なだけ。切れるような設定が欲しい。

    残念なのはアドレス帳で、まずインポート機能がない。受信メールを全選択して「a」のキーを押せば一瞬で全アドレス登録されるので、ある程度カバーはできるが、希望の順で表示させるためにアドレス名の先頭に番号を付けたいなどというと、そのような既存のデータがあっても利用できず、手作業で1つ1つ修正していくしかない。
    特定のメンバーに一斉送信するためのグループ化も、単にフォルダを作ってアドレスをコピーするだけなので、いくつものグループに所属する人だと、修正はグループの数だけやらなければならない。メールについては元データをフォルダにコピーするのを嫌ったシステムなのに、アドレス帳は正反対でお粗末なのはどういうことか。

    欲を言えばメール本文の表示はもう少し行間を離した方が見やすいと思うのだが、そういう設定もできない。
    また日本語入力で再変換もできない。外部ツールが使えれば適当なエディタなどでカバーできるがそれも無理。

    なお日本語化しても既定のラベル名の部分だけが「to do」等と英語のままだ。スクリーンショットを見るとインストール版はそんなことはなさそうで。まあラベルの構成は自分の好きように修正するのでどうでもいいことだが、せっかくポータブル版の方に投稿するので一応書いておく。

    フリーのメールソフトを幾つか試してきたが、結局これが一番気に入った。不満もいくつかあるので満点はどうかと思ったが、EdMaxに4点付けてしまったので仕方がない。
    まだ使い始めて2週間ほどだが、あとは不具合がないことを祈るばかりだ。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい