Operaメニューアイコンを採用し、洗練された美しいインタフェースのメールソフト

Opera Mail のアイコン

Opera Mail

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
1.0.1044(2016/02/03)

元々 Opera が備えていた機能から分離・独立しました。
迷惑メールを学習しながらフィルタし、気になるメールのピン留めやラベルを利用した管理、RSSフィードの購読などができます。
フォルダ機能はなく、メールを振り分けたい場合はラベルを使用。
ラベルは階層構造で設定でき、条件を設定して自動振り分けできます。

提供元:
Opera Software ASA.
制作ソフト一覧を見る
※ 提供元サイトでの配布は終了しました。

Opera Mail の使い方

ダウンロード

  1. MajorGeeks.com へアクセスし、「DOWNLOAD LOCATIONS」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Opera-Mail-1.0-1044.i386.exe)からインストールします。

使い方

初回起動時設定

インストールが終わるとソフトが起動して、受信するメールアカウントを設定する「アカウントウィザード」が表示されます。
「キャンセル」ボタンをクリックして後で追加することもできます。

メールアカウントの設定

メールアカウントを設定できます。Gmail の場合は、メールアドレスとパスワードを入力する程度で、他のメールアカウントに比べると簡単に登録できるようになっています。
メールアカウントは複数登録できます。
  1. メニュー ボタンをクリックし、「メールアカウント」をクリックします。
  2. 作成するアカウントの種類(メール、ニュースグループ、メールをインポート)から選択します。
    ここでは「メール」をクリックして「次へ」ボタンをクリックします。
  3. 名前、メールアドレス、所属を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
  4. ログイン名、パスワード、メールアカウントの種類(POP / IMAP)を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    Gmail の場合はメールアカウントの種類に IMAP を選択し、ここで設定完了となります。
  5. 受信サーバー、送信サーバー、保護された接続(TLS)を使用、サーバー上にメッセージを残す、などを入力して「完了」ボタンをクリックします。

迷惑メール対策(スパムフィルタ)

初期設定ではどのメールが迷惑メールなのかを学習していない状態からスタートします。
不要なメールが届いたら、メールの上で右クリックして「属性の指定」⇒「迷惑メールに指定」をクリックするか、 迷惑メール アイコンをクリックして、迷惑メール設定をしていきます。
何度も繰り返し設定することで、徐々に迷惑メールのパターンを学習し、自動で迷惑メールフォルダに振り分けるようになります。

このスパムフィルタは「無効 / 中 / 強」の3段階の設定ができ、初期設定では「中」に設定されています。
スパムフィルタを「無効」や「強」に設定したい場合は、迷惑メールフォルダの上で右クリックして「プロパティ」をクリックし、スパムフィルタのプルダウンから設定できます。

ラベル

ラベルを利用して自動でメールを振り分けられます。
初期設定では「予定 / 会議 / 娯楽 / 要返信 / 要連絡 / 貴重 / 重要」のラベルが用意されていますが、このラベルは自由に編集できます。
ここでは「新しいラベル」を作成して、件名に「Yahoo!」が入っているメールを振り分ける設定をしてみます。
  1. 画面左のパネル内、「ラベル」の上で右クリックし、「新しいラベル」をクリックします。
  2. 「新しいラベル」が作成されるので、その上で右クリックして「プロパティ」をクリックします。
  3. 「新しいラベル」ウィンドウが表示されます。ここではYahoo!メールを振り分けるので、名前の「新しいラベル」を編集して「Yahoo!メール」と入力します。
  4. 次に「規則の追加」ボタンをクリックします。
  5. 右のテキストボックスに「Yahoo!」と入力します。
  6. 次に「オプション」タブをクリックします。
    「新着メッセージにのみ規則を適用する」のチェックを外します。
    このチェックを外すことで、既に受信済みのメールに対してもこのラベルに振り分けられるようになります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。
  7. 件名に「Yahoo!」が含まれたメールのみリストに表示されます。

メールレイアウトの変更

メールレイアウトは、画面右の 標準のメール設定 アイコンをクリックして、次の3つから選択できます。
  • 一覧の右にメッセージを表示
    初期設定。一般的な表示形式です。
  • 一覧の下にメッセージを表示
    一般的な表示形式です。
  • 一覧のみ表示
    Gmail で採用されている表示形式です。

また、画面左の メール を右クリックして、「カスタマイズ」⇒「外観の設定」をクリックします。
「外観の設定」ウィンドウが表示されるので、「パネル」タブからパネルの位置を右に表示に変更することも可能です。

ユーザーレビュー

  • 1

    「Opera Mail」は、開発サポートが放棄されています!

    owl
    owl
    投稿数: 365件
    Windows 10

    「Opera Mail」は、開発サポートが放棄されています!

    「Opera」が奇虎360(中国)に買収され、
    その結果、付帯サービスアプリの Opera Mail は、2016年2月にリリースされた最終バージョン「1.0.1044」以降は、(忘れ去られた存在で)アップデートやサポートが放棄されています。
    「Opera」の杜撰な運営体制のため、今でも公式サイトからダウンロードできますが、(脆弱性が放置されたままなため)リスキーすぎて、使い物にはなりません。

    「Opera」の哲学を実質的に継承する「Vivaldi」から、
    https://freesoft-100.com/review/comment/17275/
    Vivaldi Webmail (ヴィバルディ ウェブメール) [海外:日本語対応]が公開されています。
    その概要:
    https://freesoft-100.com/community/freemail.html

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    Windows10 2004にバージョンアップしたところ、メインで…

    のっぽ
    のっぽ
    投稿数: 77件
    Windows 10

    Windows10 2004にバージョンアップしたところ、メインで使っているBeckyメールで問題があった。一部の受信フォルダーの受信メール一覧から最新の着信メールが無くなり過去メールのみになっているのを発見。システムフォルダー変更などしたが回復しなかった。一方、Operaメールは殆どインストールして使わなかったが、開いて確認すると全く異常がなかった。そこで、再びOperaメールを使いだした。
    やはり、優秀で安定感あるメールソフトであることが再確認できた。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    IMAPチェック速度の軽快さと一元管理(未読)、そして設定のし易さ…

    のっぽ
    のっぽ
    投稿数: 77件
    Windows 10

    IMAPチェック速度の軽快さと一元管理(未読)、そして設定のし易さなどに満足しています。
    気になるのは今後どうなるのかですが、メーラーとして欲張ればキリがないのですが、Operaメールは完成度が高いと思います。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Opera Mail に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 12 件)