いきなりPDF COMPLETE とは

Word / Excel / PowerPoint からPDFファイルの作成、PDFファイルの抽出(分割)や結合などのページ編集、PDFからWord / Excel / PowerPoint などへの変換、PDFファイルの閲覧・編集、パスワード保護、すかし・スタンプの挿入、電子署名の添付ができる豊富な機能を持ったPDF作成・変換・編集・結合ソフト。

このソフトはシェアウェアで体験版は用意されていませんが、メーカー製品だけあって品質は保証されています。万一正常に動作しない場合であっても、購入30日以内であれば返品ができるため安心して購入することができます。

下記URLより購入できます。
ソースネクスト:「いきなりPDF」シリーズ

※ 上記のソースネクスト公式サイトからダウンロード版を購入すると、eSHOP価格にて定価より10~33%の割引となります。
 

いきなりPDF COMPLETE の使い方

インストールすると、デスクトップ上に2つのアイコンが表示されます。
一つが「いきなりPDF」、もう一つが「いきなりPDF編集」です。
ショートカットアイコン
PDF編集作業を行いたい場合は「いきなりPDF編集」のアイコンをクリックすることで、編集ソフトを起動できますが、ここでは「いきなりPDF」のアイコンをクリックしてみましょう。
すると「作成」、「組み換え」、「変換」、「編集」、「パスワード」、「すかし・スタンプ」、「電子署名」のボタンが表示されています。
自分がしたい作業に合わせてボタンをクリックします。
では順番に見ていきます。

■作成


Word / Excel / PowerPoint ファイルなどからPDFファイルを作成します。
変換対象ファイルをドラッグ&ドロップするか、下図赤枠のプラスアイコンをクリックして指定できます。

複数ファイルを指定した場合、「それぞれPDFにする」か「1つのPDFにまとめる」かを選択できます。変換するPDFの設定を、Adobe Acrobat Reader 5.0 以上(標準) / Adobe Reader 6.0 以上 / Adove Reader 7.0以上 / iPad用 / iPhone, iPod touch用 / サイズ最小 / プレゼンテーション用 / 回覧用 / 最高画質 / 社外秘用 / 良画質 / 見開き から設定できますが、それぞれ詳細をカスタマイズしたり、新規に設定を作成することができます。
PDFの設定右にあるプルダウン横の「詳細」ボタンをクリックします。
※ 細かい設定が不要な場合は「Adobe Acrobat Reader 5.0 以上(標準)」に設定しておき、「実行」ボタンをクリックすればPDFファイルが作成できます。

「詳細」ボタンをクリックすると、PDF作成時の詳細が設定できます。
右カラムにPDFの設定パターンが表示され、左から無にその説明が表示されます。
各パターンを登録しておくと、PDF変換時に素早く思い通りの変換ができるようになります。
ここでは新規にパターンを登録せず、もともと用意されているパターンを編集してみます。下図にて、右カラムに「Adobe Acrobat Reader 5.0 以上(標準)」をクリックして選択し、赤枠の「編集」ボタンをクリックします。

PDF出力設定画面が表示されます。
PDFのバージョン、圧縮設定、フォントの埋め込み、セキュリティ(パスワード保護)、すかし、ページレイアウト(開き方)、PDF情報の設定ができます。
ここでは作成者を設定したいので「情報」タブをクリックします。

作成者を入力したら「名前を付けて保存」ボタンをクリックし、新規保存します。
PDF出力設定の名前を「フリーソフト100」として保存します。

PDFの設定が「フリーソフト100」になりました。
今後この設定でPDFを作成すると、作成者が「フリーソフト100」となって出力されます。
「実行」ボタンクリックでPDFファイルが作成できます。



■組み換え


PDFの抽出(分割)・結合などのページ編集を行います。
対象ファイルをドラッグ&ドロップするか、下図赤枠のプラスアイコンをクリックして指定できます。
ここでは指定ページの抽出を行います。
「複数ページを抽出」をクリックして選択し、抽出したいページを指定します。
ここでは5~14ページを指定し、「実行」ボタンをクリックすると、必要なページのみのPDFファイルを抽出できます。


■変換


PDFから Word / Excel / PowerPoint ファイルへ変換を行います。
対象ファイルをドラッグ&ドロップするか、下図赤枠のプラスアイコンをクリックして指定できます。
出力形式を Word / Word(docx) / Word(本文)(docx) / Excel / Excel(xlsx) / PowerPoint / PowerPoint(ptx) / テキスト(文字認識) / テキスト(データ抽出) / PDF(透明テキスト付き) / JPEG / BMP から選択し、「実行」ボタンをクリックすると変換を行います。


■編集


PDFの閲覧や編集を行います。ファイルを開き、各メニューから編集を行えます。
文字入れ、画像の挿入、すかし(ウォーターマーク)、しおりの追加、ページの表示方法やレイアウトの変更、パスワード保護や署名設定など様々な編集ができます。

■文書


新規ページ挿入、ファイルから挿入、削除、抽出、トリミング、回転、ヘッダー・フッター、しおりの編集が行えます。

トリミングは上下左右からの幅を指定します。指定ページの指定範囲のみを切り取ります。

■セキュリティ


パスワード設定、署名、削除、検証、署名時の状態、署名の管理、信頼済み証明書の管理が行えます。

PDFにパスワードを設定するには、リボンメニューから「パスワード設定」をクリックします。
「ドキュメントのプロパティ」画面が表示されるので、セキュリティ方法のプルダウンから「パスワードセキュリティ」を選択します。

「パスワードセキュリティ」を選択すると「パスワードによるセキュリティ」画面が開きます。
「ドキュメントを開くときにパスワードが必要」にチェックを入れ、閲覧用パスワードを入力します。
印刷や編集を制限したい場合は、「許可パスワードを設定して、印刷、編集及びその他変更許可のセキュリティ設定を行なう」にチェックを入れ、許可パスワードを入力します。

パスワードの確認ウィンドウが表示されます。
設定したパスワードを再度入力するとパスワードが設定されます。
パスワード保護されたPDFドキュメントは、ファイルを開く際にパスワード入力が必要となります。

■注釈


ノート、テキストボックス、タイプライター、スタンプ、描画、ハイライト、下線、取り消し線、ファイルの添付が行えます。

■編集


テキスト、オブジェクト、リンク、トリミング、すかし、クリップアート、チェックボックス、ラジオボタン、リストボックス、コンボボックス、署名エリアを利用できます。


■パスワード


PDFにパスワードをかけ、閲覧や印刷などを制限します。
対象ファイルをドラッグ&ドロップするか、下図赤枠のプラスアイコンをクリックして指定できます。
閲覧すること自体にパスワードをかける場合は「閲覧パスワード」にチェックを入れ、パスワードを左右の2箇所に入力します。
編集や印刷を制限する場合は「編集・印刷パスワード」にチェックを入れ、パスワードを左右の2箇所に入力します。
● 印刷制限について、許可しない / 低解像度(150dpi) / 高解像度 から選択。
● 編集制限について、許可しない / ページの作成、挿入、削除、回転 / フィールドに書き込みと署名フィールドにサイン / 注釈を追加、フィールドに書き込み、および署名フィールドにサイン / ページ抽出以外の全操作 から選択。
「実行」ボタンをクリックするとパスワード保護されたPDFが作成されます。


■すかし・スタンプ


PDFファイルにすかしやスタンプを挿入します。
対象ファイルをドラッグ&ドロップするか、下図赤枠のプラスアイコンをクリックして指定できます。
すかしの種類、場所、透明度、挿入するページを選択し、モニタに表示するか、印刷時に表示するかをにチェックを入れて「実行」ボタンをクリックすると、すかし入り、スタンプ付きのPDFファイルが作成できます。

すかしはCONFIDENTIAL / DO NOT COPY / SAMPLE / 見本 / 社外秘 / 内部用 / 複写禁止 など24種類、スタンプの種類は四角印 / 丸印 / 埋め込み文字 / 英字印 の432種類です。

仮想プリンターとして素早くPDF化

いきなりPDF は仮想プリンターとしても起動します。
つまり、Word / Excel / PowerPoint / JPEG / BMP / TEXT などを印刷するとPDF化ができるのです。いちいち本ソフトを起動しなくてもよいので、この機能は便利です。

例えばメモ帳などを開いて印刷すると、印刷ウィンドウが表示されます。そのプリンター名に「IkinariPDF Driver」をクリックして選択して「印刷」ボタンをクリックします。

名前を付けて保存ウィンドウが表示されるので、「保存」ボタンをクリックするとPDF化されます。
PDFのレイアウトやタイトル、作成者などの情報を設定したい場合は、下図の赤枠、「文書設定」にチェックを入れて「詳細」ボタンをクリックします。

PDFのレイアウト(単一ページ、連続ページ、連続見開き)、閉じ方(左から右へ、右から左へ)、ナビゲーションの状態(指定なし、表示しない、しおり表示、サムネイル表示)、ズーム(指定なし、全体表示、幅に合わせる、高さに合わせる)、PDF情報(タイトル、作者、サブタイトル、キーワード)などの設定ができます。
※ 「開き方」タブと「情報」タブのみクリックして編集できます。


ソフトウェア情報

● 公式サイト : ソースネクスト:「いきなりPDF」シリーズ
スクリーンショット
いきなりPDF COMPLETE の評価・レビュー
いきなりPDF COMPLETE の使い方
● 対応OS : Windows Vista/7/8/8.1/10(32/64bit)
● 提供元 : ソースネクスト株式会社