Ping 送信機能を備えた Google / Bing に対応した XML サイトマップ作成ソフト

Sitemap Creator

Sitemap Creator

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
5.1.3.11443

XML / HTML / Text/CSV のサイトマップ作成に対応し、Gzip出力、画像サイトマップ、モバイルサイトマップ、動画サイトマップの出力機能も備えています。サイトマップに登録しないページやディレクトリの除外設定、FTP サーバーへのアップロード、サイトマップ更新を Google / Bing に伝える Ping 送信も可能です。
無料版では制限されていますが、有料版ではスケジュール設定による自動サイトマップ更新&メール通知設定、プロジェクト数やサイトマップページ数が無制限になります。

提供元:
※ 無料版では50ページまで、登録できるプロジェクト(サイト)は2つまでなどの制限があります。

Sitemap Creator の使い方

ダウンロード

  1. 窓の杜へアクセスし、「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SitemapCreator5TrialSetup.zip)を解凍し、セットアップファイル(SitemapCreator5TrialSetup.exe)からインストールします。

使い方

サイトマップを作成する

  1. 本ソフトを起動すると、「新規プロジェクト」ウィンドウが表示されます。
    名前、ルートURLを入力して「OK」ボタンをクリックして、プロジェクトを登録します。
  2. GO ボタンをクリックすると、プロジェクトのルートURLから、リンクを辿り、サイトマップ情報を取得します。
  3. 取得した情報がクロール結果に表示され、ページサイトマップ、画像サイトマップ、動画サイトマップ、更新されたページ、ログを表示します。
  4. サイトマップ ボタンをクリックすると、「サイトマップ作成」ウィンドウが表示されます。
    サイトマップフォーマット(XML形式 / HTML形式 / Text/CSV形式)、サイトマップに含める項目(更新頻度 / 最終更新日 / 優先度)、XMPオプション(Gzip出力 / 画像サイトマップ / モバイルサイトマップ / 動画サイトマップ)、FTPアップロード の項目を設定し、「OK」ボタンをクリックします。
  5. サイトマップのページ数が50ページを超えている場合、「無料版の制限」ウィンドウが表示されます。
  6. 「続行」ボタンをクリックすると、50ページまでのサイトマップが作成されます。

除外ページの設定

除外ページを設定すると、サイトマップに記載したくないURLを除外することができます。
  1. 除外ページ ボタンをクリックすると、「除外されたページ」ウィンドウが表示されます。
  2. 相対URLにURLを入力し、「URLの追加」ボタンをクリックすると、除外対象として追加できます。
  3. 「OK」ボタンをクリックして設定します。

優先度の設定

優先度を設定して、ページごとの優先度を設定できます。
  1. 優先度 ボタンをクリックすると、「サイトマップ優先規則」ウィンドウが表示されます。
  2. ルートURLを選択するか、相対URLを選択してURLを入力し、「URLの追加」ボタンをクリックすると、優先度を設定できます。
  3. 「OK」ボタンをクリックして設定します。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?