デスクトップ画面に直接フリーハンドのペン入れができるシンプルなソフト

ScreenPen

ScreenPen

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

会議、プレゼン時に画面に直接書き込むことで、わかりやすく説明に利用できるソフトです。レーザーポインターがない環境や、より細かく解説したい場合などに便利です。本ソフトを起動すると、すぐに描画可能状態となり、マウスの左クリックまたは右クリックしながらドラッグすると、線を引くことができます。右クリックメニューの「線色変更」から色の変更ができ、「線サイズ」または [↑] / [↓] キーで線の太さを変更可能。他に、描画の一時停止/再開、描いた画面をクリップボードにコピー、画像保存(BMP)、10回までの Undo に対応しています。

提供元:
LSP

ScreenPen の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ScreenPen.zip)を解凍し、ScreenPen.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

デスクトップ画面に描画する

本ソフトを起動すると、すぐに描画可能状態となります。
マウスの左クリックまたは右クリックしながらドラッグすると、線を引くことができます。

右クリックメニュー
次のメニューを利用できます。
  • 線色変更 … 選択すると、「色の設定」画面が表示され、色を変更できる
  • 描画消去 … 描いた線をすべて消去する(クリップボード内データも消去する)
  • 描画停止 … 描画を一時停止する(再び右クリックメニューの「描画再開」から再開可能)
  • 終了 … 本ソフトを終了する

操作キー
キーボードを利用して次の操作ができます。

説明ダイアログ
[F2] キーを押すと表示され、上述した操作キーの説明を表示します。

その他

一時停止している状態から右クリックメニュー(補助操作メニュー)を表示させる操作。
  • 「タッチパネルの場合」非クライアント領域(タスクバー、タイトルバー)で長押ししながら少しドラッグして離すとメニューが表示される
  • 「ペンタブレットの場合」右クリック(サイドスイッチ)しながら少しドラッグして離すとメニューが表示される

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?