ZIP / RAR / TAR などの圧縮ファイル内の画像、PDFファイルをサムネイル表示できる書籍ビューアソフト

ZipPla

ZipPla
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
記事更新日:
2016/11/25 - バージョン: 1.5.2.8

圧縮ファイル内の画像、PDFファイルの表紙画像を自動検出し、サムネイルを一覧表示できるソフトです。サムネイルはきれいに同一の大きさで表示され、不揃いになりません。サムネイルの大きさは極小~極大まで調整でき、サブフォルダ―も圧縮ファイル同様に読み込んでサムネイル表示が可能。インクリメンタル検索に対応したフィルタ機能、指定外部ビューアでの表示にも対応しています。
ffmpeg.exe を ZipPla.exe と同じフォルダーに配置することで、動画ファイル(MP4 / WMV / AVI / MKV …)のサムネイル表示にも対応可能です。

提供元:

ZipPla の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ZipPla_1.5.2.8.zip)を解凍し、ZipPla.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

メニューバーの「スタート」⇒「フォルダを開く」をクリックして任意のフォルダーを開くと、圧縮ファイルの画像、PDFファイルの表紙を自動検出してサムネイル表示します。
メニューバーの「詳細設定」をクリックして、「詳細設定」画面 から「サブフォルダの扱い」を「圧縮ファイルと同様に扱う」を選択しておくと、サブフォルダーもサムネイル表示の対象となります。

サムネイルをダブルクリックすると内蔵ビューアで、圧縮ファイル内の画像、サブフォルダー内の画像を表示します。

内蔵ビューアを操作する
  • マウスホイールの回転で、次の画像、前の画像を表示
  • 画面右側をクリックして前の画像、左側をクリックして次の画像を表示
  • マウスホイールクリックで拡大表示
  • [F11] キーでフルスクリーン/元のサイズ
  • メニューバーの「編集」⇒「サムネイルの手動設定」から、任意の画像のサムネイル設定
※ 「詳細設定」画面の「デフォルトの綴じ方」を「右綴じ」に設定すると、画面左側をクリックで次の画像、右側をクリックで前の画像表示となります。設定の反映には内蔵ビューアの再起動(開きなおすこと)が必要です。

サムネイルの表示サイズを変更する
メニューバーの「サムネイル」から 極小 / 小 / 標準 / 大 / 極大 の表示サイズを変更できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?