Google 検索により培われた変換知識を用いたサジェスト機能(予測変換)が魅力の Google 版IME

  • 2

    (このレビューは google日本語入力を使用して記述してい…

    bvg77777777dtt
    bvg77777777dtt
    投稿数: 36件
    Windows 10

    (このレビューは google日本語入力を使用して記述しています。誤字は意図的に放置しています。)

    結論として、google日本語入力は非常に使いにくい、不便なソフトウェアであるものの、Microsoft IME 15 よりは少しましです。よって、これを使用することに決定しました。 Windows 8 以降を使用している人は、これを使用したほうが業務効率を向上できます。Windows 7 以前の人は、内蔵 IME のほうが理想的です。

    私は Windows 7 の時、なんの不自由もなく、同梱されていた Microsoft IME 10 を使用していました。しかし、Windows 10 に買い換えた結果、問題が発生しました。Microsoft IME 15 (Windows 10 同梱) には、以下の不具合があったからです。これらの不具合は IME 10 (Windows 7 同梱) には ありませんでした。
    ・抑制単語機能がありません。
    ・一部の選択候補の順番を記憶せず、毎回選びなおさなければいけません (具体例: 「)。なお、この不具合はよく生誕ご機能により回避できますが、そもそも抑制単語機能自体が存在しないため、回避不可能です。
    ・IME ON右矢印OFF の時に入力中のみ確定文字列を確定してしまいます。想像できると思いますが、この場合、未確定文字列はユーザーの本位で入力したわけではありませんから、消去されなければいけません。

    ちなみに、これらの不具合は、無償提供されている Microsoft Office 2010 IME (IME 14) にも存在します。

    上記の不具合を回避するため、google日本語入力を試してみました。確認した結果、上記不具合の一部のみが存在しませんでした。よって、今後はgoogle日本語入力を使用します。なお、2016年現在、個人的な IME の点数は以下です。

    100点: Windows 7 以前の Microsoft IME
    040点: google日本語入力
    000点: その他全部 (Windows 7 釣果の Microsoft IME、ATOK、など)

    ただし、google日本語入力には以下の不具合が存在します。これらの不具合は一般ユーザーには問題ないのかもしれませんが、作家など文章を頻繁に記述する人にとっては致命的です。

    MS-IME では、候補選択時に tab キーを押下することで、候補メニューが広がり表形式で表示されます。しかし、Google 日本語入力では不可能です。わかり易い確認方法は 「きごう」 「かおもじ」 で変換する方法です。

    MS-IME に存在した [変換文字制限 > Shift JIS 文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する] などの詳細な設定が不可能です。

    不具合:辞書ツールに全く同一の内容がいくつでも登録できてしまいます。「よみ、単語、品詞、コメント」の全部が同一でも登録できます。なお、MS-IME では「すでに登録されています」と表示され、登録できないように配慮されています。

    ショートカットキーが Microsoft IME 床となります。Microsoft IME では、Ctrl + F10 (Ctrl + 変換) でコマンド リスト (メニュー バルーン) を表示しますが、google日本語入力では表示しません。一番近い機能は [プロパティを起動] なので、それを主導で割り当てることは可能です。ただし、それでも Microsoft IME の昨日ほど洗練されていません。Microsoft IME のコマンド リスト表示は、[ユーザーが頻繁に使用する最低限のショートカット] だけを並べた、非常に効率的な機能です。それに該当する機能がgoogle日本語入力には存在しません。

    不具合: 抑制単語が活用変化に対応できていません。例えば、[貯める] という単語は実在しないので (http://dictionary.goo.ne.jp/jn/143820/meaning/m0u/%E8%B2%AF/)、抑制単語に登録したいと仮定します 。この場合、Microsoft IME 10 では、[貯め] を抑制単語として登録すれば、全部の活用形 (貯める、貯めろ、貯めない、貯めた、など) も抑制します。しかし、Google 日本語入力では、全部の活用形を 1つずつ登録しなければ抑制しません。これではよく生誕ご機能がほとんど機能しません。 [目薬を刺す] などの誤変換が非常に多いので、この不具合は致命的です。

    不具合: 動詞の活用形が正常認識されません。具体例として、Google 日本語入力では [この作業の優先順位を挙げなければいけません] とご返還されます。これを回避するために [あげ、上げ、どうしら行5弾] と入力しますが、無視されます。Microsoft IME なら正常認識され、[上げ] が最優先に表示されます。

    不具合: 抑制単語のショートカットが存在しません。Microsfot IME 10 では、二度と表示したくない変換候補が表示された時に、Ctrl + Del キーで抑制単語に登録できます。しかし、その機能が存在しません。

    不具合: 文字入力中にもかかわらず、変換候補が一方的に強制表示され、変換中のカーソルを覆い隠してしまいます。発生する条件としては、10~20文字前後で折り返すような場合に、上の行の変換候補が下の行を隠してしまうように想定されます。

    MS-IME の場合、常用漢字以外の変換候補には [*常用外] と表示されます。しかし、Google 日本語入力 では表示されず、不親切です。これは一例で、MS-IME と比較して不便であったり不親切であったりする箇所が非常に多いです。なお、常用漢字というシステムには非常に多くの問題点があり、廃止すべきという意見もあります。それでも、[常用漢字にしたがって資料を作成しなければならない人] が多いことも事実です。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?