Google 検索により培われた変換知識を用いたサジェスト機能(予測変換)が魅力の Google 版IME

Google 日本語入力

Google 日本語入力

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9/10.10/10.11, Android 4.0以降
バージョン:
1.3.33.5(2017/04/22)

サジェスト機能によって携帯電話、スマートフォンのような予測変換が可能になり、数文字タイピングするだけで変換候補が表示されます。芸能人や有名スポットなどが変換候補として表示されるため、日本語の入力が非常にラクになります。

提供元:

Google 日本語入力 正式版を公開(動画)

Google 日本語入力 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「WINDOWS 版をダウンロード」ボタンをクリックします。
  2. 「Google ポリシーと規約」ページが表示されます。
    「同意してインストール」ボタンをクリックすると、Google インストーラーをダウンロードして自動的にインストールが開始されます。
  3. 「Google 日本語入力をインストールしていただきありがとうございます。」という画面が表示され、「Google 日本語入力を規定のIMEに設定する」、「押し間違えの多いホットキー(Ctrl+Shift)によるIMEの切り替えを無効化する」、「MS-IMEのユーザー辞書をGoogle 日本語入力に引き継ぐ」の項目についての要・不要を選択すると、インストール・設定が完了します。
    ※ Windows の再起動が必要になる場合があります。

使い方

基本的な使い方

使い方自体は Windows に標準インストールされている Microsoft の IME とほとんど変わりありません。
通常の変換は [Shift] キーを利用して変換可能ですが、[Tab] キーや矢印キーを利用することにより、サジェスト(予測変換)の変換が可能です。

特殊変換

特殊な変換に対応しています。
  • 今日の運勢
    「おみくじ」と入力すると、変換候補に今日の運勢が表示されます。
  • 郵便番号から住所に変換
    「188-00」 のように入力すると、郵便番号に対応する住所を簡単入力できます。
  • 演算(計算結果の表示)
    「3+4=」や「22・11=」、「55-13*(4-2)=」のように計算式を入力すると、演算した答えを変換候補に表示します。演算を利用する場合には、数式の最後に=(イコール)を必ず入力します。
  • 数字の単位を変換
    数字を入力して変換すると、変換候補に単位がついているもの、2進数、8進数、16進数が表示されます。
    例えば、「123456789」と入力すると、「123,456,789」、「1億2345万6789」、「0x75bcd15」(16進数)、「0726746425」(8進数)、「0b111010110111100110100010101」(2進数)が変換候補に表示されます。
  • 元号に変換
    西暦を入力すると、元号が変換候補に表示されます。
    例えば、「1999ねん」と入力すると、「1999」の変換候補に「平成11」が表示されます。
  • 時間に変換
    「いま」と入力すると、変換候補に「午前10時6分」などの現在時刻が表示されます。
  • 日付に変換
    「あした」と入力すると、変換候補に「2012年8月31日」などの日付が表示されます。
    他にも、「きょう」、「きのう」、「あさって」、「きょねん」、「らいねん」、「げつよう」、「げつようび」などでも有効です。
  • スペル表示(英単語の入力)
    英語の日本語読みを入力すると、変換候補にローマ字が表示されます。
    例えば、「じゃーまん」と入力すると「German」、「ふゅーちゃー」と入力すると「Future」が変換候補に表示されます。
  • 絵文字の変換
    「はーと」などと入力すると、変換候補にハートの絵文字が表示されます。
  • 顔文字の変換
    「かお」、「かおもじ」、「どうぶつ」などと入力すると、変換候補に顔文字が表示されます。
  • 顔文字をランダム表示
    「ふくわらい」と入力すると、変換候補に顔文字がランダムで一つ表示されます。
  • バージョン情報
    「ばーじょん」を変換すると、変換候補に本ソフト(Google 日本語入力)のバージョン情報が表示されます。

■ [Z] を含めたキーによる変換

オプション

設定画面より「プライバシー」タブをクリックすると、次の設定ができます。
  • シークレットモード
    一時的に学習機能、入力履歴からのサジェスト機能、ユーザ辞書機能を無効にできます。変な学習をさせたくない、サジェストを使いたくない場合などに利用できます。プレゼンのような場面でプライベートな変換候補を表示させたくないような場合にも活用できます。
  • プレゼンテーションモード
    一時的にすべてのサジェストを無効にできます。プレゼン時に意図していない変換候補を見せないようにできます。
  • ※ オプション画面から以外でも設定できます。「こまんど」と入力した変換候補に「シークレットモードをオン」、「サジェスト機能を一時停止」等の設定ができます。

ユーザーレビュー

  • 2

    機能的には利用すると漢字の変換は便利です 重くなってしまい…

    usericon watarin(75)Windows 7

    機能的には利用すると漢字の変換は便利です
    重くなってしまい、実用性としてはPCの性能良くないと無理のようです。

  • 4

    Mi~IMEだと、いちいち直さなならんかったんが、一発変換で…

    usericon 口語で打ち込みたいときに(1)Windows 7

    Mi~IMEだと、いちいち直さなならんかったんが、一発変換できるわい。普通に喋る言葉をそのまんま入れたいとき、誤変換(ある意味そっちのほうが正しいんだろがw)されるのが鬱陶しかったんで、重宝しそうだ

  • 5

    機能と変換ともに最高ですがごく一部のアンチウイルスソフトとの…

    usericon 最高のIme(1)Windows 10

    機能と変換ともに最高ですがごく一部のアンチウイルスソフトとの相性が良くないです。
    Bitdefender Antivirus と最悪ですがインストール時 MS-Imeから引き継ぐ等の時 Bitdefender側のProtectionを一時無効化すれば無事インストールできます。
    インストール後はProtection戻して普通に使用できます。BitdefendBインストールする方はBitdefendインストール後一旦Google日本語アインストールして Bitdefendインストール後Protection無効化で新規インストールすれば普通に使える用になります。。。
    ※これに気付くのに1日掛かりました。。。。

Google 日本語入力 に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 88 件)