ノートPCのバッテリー状態がわかりやすくなるバッテリーアクセサリ
  • コメント

    【追記あり】本ソフトのインストールとアンインストールについて…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 869件
    Windows 10

    本ソフトのインストールとアンインストールについて、追試してみたレポートです。
    セットアップファイルは、新規にDLした「BatteryBarSetup-3.6.6.exe」を使用。

    セットアップ途中、下記「インストール先フォルダの場所」の説明が表示されます。
    (私は64ビットOSを使用のため)C:Program FilesBatteryBar
    セットアップ終了にて、タスクバーにアイコンが表示されてソフト起動しています。
    本ソフト基本部分は、上記フォルダにインストールされていることを確認しました。

    次に、通常の手順で、「プログラムと機能」よりアンインストールを実行しました。
    アンインストール実行時、本ソフトが起動していた場合は終了する必要があります。
    このソフト終了に関しては、アンインストール実行時の説明画面に明示されてます。
    アンインストール終了時、再起動が促されるので、再起動を漏らさずに実行します。

    ここで注意点、「再起動」操作と「手動の電源再投入」操作は、機能が異なります。
    (シャットダウン後の手動電源投入では、アンインストール不完全になる場合あり)

    アンインストールして再起動後、上記インストール先フォルダが残留していました。
    その「BatteryBar」フォルダ内に、「BarExplorerHook.dll」が残留していました。
    私は、「BatteryBar」フォルダと一緒に同dllファイルを削除しました。

    なお、「ユーザー」フォルダ配下の「AppData」フォルダは、隠しフォルダです。
    アンインストール後、「AppData」フォルダ内の「Roaming」フォルダ内には、
    「BatteryBar」フォルダが残留し、ログファイル「BatteryBar.log」があった。


    インストール先フォルダの説明において、所々「¥」が漏れています。
    これは、私の入力ミスではなく、本サイト構築上の仕様によると思われます。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい