Google ドライブとPCを同期・バックアップするソフト
  • 5

    【追記あり】Cloud-Storage は、 完全暗号化を…

    owl
    owl
    投稿数: 335件
    Windows 10

    Cloud-Storage は、
    完全暗号化を施し、スキャニング(透視:のぞき見)をせずに、自前のサーバーで多重管理を徹底する「SpiderOAK」をメインに、「BOX」も併用しています。

    この「バックアップと同期」は、目的のために使用することはありません。
    参考:https://freesoft-100.com/review/google-drive.html(Gonbe さんの投稿)

    しかし、付帯サービスの「Google のオフィスアプリ」は魅力的です。

    Win 8.1 マシンが昇天してしまい、やむを得ず、Win 10 マシンを購入しました。
    オフライン時に常用していた「MS-Office Enterprise Professional 2003」がサポート終了で実装できなくなり、その資産(xls、xlm、doc、mdb など)の救出策を探していました。

    Zoho Office(https://www.zoho.com/jp/)で救出ができましたが、
    「縦書き」不能なので、スペレッドシートの体裁に難が生じてしまいます。

    Google のオフィスは、
    Google ドライブに統合され、クラウドを介したオンラインアプリケーションサービスです。
    オフィス単独では、機能せず、Google ドライブからのアクセスが前提条件です。

    その「Google ドライブ」のマイドライブから「ファイルをアップロード...」を選択するなどで、ローカルの資産を展開できます。
    保存も「ファイル」から「ファイル形式を選択してダウンロード」を行えば、クラウド管理を回避でき、ローカルに保存できます。
    印刷も同様に、お好みの形式(Adobe Acrobat Reader DC など)を選択し、可能です。

    フォントの多様性はなく、ビジネスライクな仕様に制約され、機能も基本的な構成ですが、不足を感じるほどでもありません。
    展開したものに、文字化けもなく、満足できる再現性です。
    編集が可能で、印刷具合も及第点です。
    有償の「MS-Office」を購入せずに済んでいます。

    Microsoft Office に対応する名称:
    Word ⇒ ドキュメント
    Excel ⇒ スプレッドシート
    PowerPoint ⇒ スライド


    前述(https://freesoft-100.com/review/google-drive.html:Gonbe さんの投稿)の問題を重大視しているため、
    このアプリは「無効化」し、
    必要時に起動し、「バックアップと動機を終了」させています。
    クラウドにも保存をせず、ローカルからのアップロードとダウンロードの方策に限っています。


    Microsoft の無料版「Office Online アプリ」でも同様な事が可能です。
    しかし、介在する「OneDrive」が縦横無尽に「紐付けされている」厄介ものなので、リソースを要求し、CPU が高温になったり、マシンのレスポンスに影響を与えます。
    「IME」と同様、Google に劣ります。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい