Google ドライブとPCを同期・バックアップするソフト

バックアップと同期 のアイコン

バックアップと同期

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac, iOS, Android
バージョン:
3.38.7642.3857(2017/11/21)

パソコンのフォルダーと Google ドライブを同期できるソフトです。
Google ドライブの後継ソフトで、基本的な機能は同じです。
本ソフトでは同期するフォルダー以外にもパソコン独自にバックアップするフォルダーを指定したり、写真や動画を Google フォトにアップロードするオプションが追加されているほか、複数の Google アカウントでのバックアップと同期の実行をサポートしています。

提供元:

バックアップと同期 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「パーソナル」の「バックアップと同期」下の「ダウンロードページ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(installbackupandsync.exe)からインストールします。

使い方

セットアップする(初期設定)

  1. 本ソフトを起動すると、「バックアップと同期へようこそ」画面が表示されます。
    「使ってみる」ボタンをクリックします。
  2. ステップ 1/3
    「ログイン」画面が表示されます。
    メールアドレス、パスワードを入力してログインします。
    ※ 2段階認証を設定している場合など、正常にログインできない場合は画面下部の「代わりにブラウザでログイン」をクリックしてブラウザーでログインします。
  3. 「Google ドライブを継続的にバックアップするフォルダをパソコンから選択してください」画面が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。
  4. ステップ 2/3
    「マイ ノートパソコン」画面が表示されます。
    バックアップしたいフォルダーを選択します。
    ※ ここで選択したフォルダーは Google ドライブの「パソコン」⇒「マイ ノートパソコン」と同期します。「マイ ノートパソコン」の箇所は後で設定から編集可能です。

    他にアップロードする画質、Google フォトへのアップロード有無を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「マイドライブ内のファイルをこのパソコン上のフォルダと同期できます」画面が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。
  6. ステップ 3/3
    「Google ドライブ」画面が表示されます。
    初期設定では「Google ドライブ」フォルダーが指定されていますが、任意のフォルダーに変更可能です。
    ※ ここで選択したフォルダーが Google ドライブの「マイドライブ」と同期します。

    「開始」ボタンをクリックすると同期を開始します。
    メイン画面 - 同期中

設定を変更する

基本的な使い方で設定した内容を変更したい場合は、設定から変更できます。
  1. タスクトレイicon をクリックします。
  2. 表示された画面から 設定 をクリックし、メニューから「設定」をクリックします。
    メイン画面 - メニュー
  3. 設定画面が表示されます。
    同期するフォルダーの変更、アップロードする画像の画質の選択、システム起動時に起動する、などの設定を変更できます。

マイ ノートパソコン
次の設定を行えます。
  • Google ドライブと Google フォトにバックアップするフォルダーの選択
    初期設定で用意されているフォルダー(ドキュメント、パソコン、画像)以外に、「フォルダを選択」をクリックして任意のフォルダーを追加できます。
    また、初期設定では選択したフォルダー内のすべてのファイルがアップロード対象となっていますが、「変更」からアップロード対象のファイル、または拡張子を指定できます。
  • 写真と動画のアップロードサイズ
    高画質(無料、容量無制限)
    優れた画質を保ちながら容量を削減します。
      - 写真のサイズが16MP(メガピクセル)を上回る場合は、16MPまで縮小されます。
      - 16MPの写真は最大で 61.0cm × 40.6cm の高画質印刷が可能です。
      - 動画の解像度が 1,080p を上回る場合は、1,080p まで圧縮されます。
    元の画質
    元の解像度で保存します(保存容量を消費します)。
    ※ 詳しくは 写真や動画のアップロードサイズを選択する - Google フォト ヘルプ を参照下さい。
  • 削除するアイテム
    アイテムを削除した場合の動作を指定します。
    ・すべての場所からアイテムを削除する
    ・他の場所からアイテムを削除しない
    ・すべての場所からアイテムを削除する前に確認する
  • Google フォト
    「新たに追加された写真と動画を Google フォトにアップロード」にチェックを入れ、ブラウザーで Google フォトの設定ページの Google ドライブの項目をオンにすると、Google ドライブにアップロードした写真・動画を Google フォトで表示できるようになります。
    設定 - Google フォト

ちなみに「マイ ノートパソコン」の部分をクリックして編集すると、表示名を変更できます。

Google ドライブ
Google ドライブへの同期をオン/オフできます。
また、同期するフォルダーをマイドライブ、または指定したフォルダーのみに設定できます。

設定
次の設定をオン/オフできます。
  • 共有フォルダからアイテムを削除する際に警告を表示する
  • システム起動時にバックアップと同期を開く
  • ファイルの同期ステータス アイコンと右クリックメニューを表示

また、ネットワークの設定から、プロキシ設定(自動検出/直接接続)、帯域幅の設定(ダウンロード速度/アップロード速度)を設定できます。

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】Cloud-Storage は、 完全暗号化を…

    usericon owl
    投稿数: 123件
    Windows 10

    Cloud-Storage は、
    完全暗号化を施し、スキャニング(透視:のぞき見)をせずに、自前のサーバーで多重管理を徹底する「SpiderOAK」をメインに、「BOX」も併用しています。

    この「バックアップと同期」は、目的のために使用することはありません。
    参考:https://freesoft-100.com/review/google-drive.html(Gonbe さんの投稿)

    しかし、付帯サービスの「Google のオフィスアプリ」は魅力的です。

    Win 8.1 マシンが昇天してしまい、やむを得ず、Win 10 マシンを購入しました。
    オフライン時に常用していた「MS-Office Enterprise Professional 2003」がサポート終了で実装できなくなり、その資産(xls、xlm、doc、mdb など)の救出策を探していました。

    Zoho Office(https://www.zoho.com/jp/)で救出ができましたが、
    「縦書き」不能なので、スペレッドシートの体裁に難が生じてしまいます。

    Google のオフィスは、
    Google ドライブに統合され、クラウドを介したオンラインアプリケーションサービスです。
    オフィス単独では、機能せず、Google ドライブからのアクセスが前提条件です。

    その「Google ドライブ」のマイドライブから「ファイルをアップロード...」を選択するなどで、ローカルの資産を展開できます。
    保存も「ファイル」から「ファイル形式を選択してダウンロード」を行えば、クラウド管理を回避でき、ローカルに保存できます。
    印刷も同様に、お好みの形式(Adobe Acrobat Reader DC など)を選択し、可能です。

    フォントの多様性はなく、ビジネスライクな仕様に制約され、機能も基本的な構成ですが、不足を感じるほどでもありません。
    展開したものに、文字化けもなく、満足できる再現性です。
    編集が可能で、印刷具合も及第点です。
    有償の「MS-Office」を購入せずに済んでいます。

    Microsoft Office に対応する名称:
    Word ⇒ ドキュメント
    Excel ⇒ スプレッドシート
    PowerPoint ⇒ スライド


    前述(https://freesoft-100.com/review/google-drive.html:Gonbe さんの投稿)の問題を重大視しているため、
    このアプリは「無効化」し、
    必要時に起動し、「バックアップと動機を終了」させています。
    クラウドにも保存をせず、ローカルからのアップロードとダウンロードの方策に限っています。


    Microsoft の無料版「Office Online アプリ」でも同様な事が可能です。
    しかし、介在する「OneDrive」が縦横無尽に「紐付けされている」厄介ものなので、リソースを要求し、CPU が高温になったり、マシンのレスポンスに影響を与えます。
    「IME」と同様、Google に劣ります。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい