Windows ディスクドライブ、システムファイルのチェック&修復を行えるソフト

  • コメント

    【追記あり】オフトピック(当アプリでの評価ではないの)ですが、 ドイツ…

    owl
    owl
    投稿数: 423件
    Windows 10

    オフトピック(当アプリでの評価ではないの)ですが、
    ドイツのサイバーテクノロジーサイト「ghacks.net」で衝撃的なニュースが告知されたので、
    関連付けての「緊急警告」情報です!

    Windows 10 20H2 で、
    CheckDisk(チェックディスク)を実行すると、
    ファイルシステムが損傷し、ブルースクリーンが発生する可能性が報告されました。
    https://www.ghacks.net/2020/12/19/running-chkdsk-on-windows-10-20h2-may-damage-the-file-system-and-cause-blue-screens/

    確認されたインシデントの発生事例:
    ● Windows 10 20H2 を搭載したシステムが影響を受けているようです。
    ● この問題は、SSD ドライブに影響しているようです。あるユーザーからは、プラッターベースのハードドライブを備えた VM システムも影響を受けたと報告されました。
    ● 2020年12月のパッチ火曜日の一部としてリリースされた累積的な更新「KB4592438」が、問題の原因のようです。

    対策としては、
    2020年12月の更新プログラムが適用された Windows 10 20H2 を実行しているデバイスで、CheckDisk を実行する場合には、事前に、Windows パーティションをバックアップする必要があります。

    Microsoft は、この問題に気付いていません。


    Microsoft は、社内のテストチームを全員解雇し、テレメトリデータのみでバグ検出と修正をする手法に完全移行しています。また、テスト用の PC の多くを仮想環境に置き換えました。それらの機械的でバーチャルなプロセスのみで、WindowsUpdate や新機能追加の更新がリリースされているため、現実世界のマシンでは問題が顕在化し、インシデントが起きたり、新たなバグにまみれる事態を招いています。


    サードパーティ製のクリーンアップツール(CCleaner、BleachBit、PrivaZer)、システムリペアツール(Windows System Checker、Windows Repair)、デフラグツールなどでの特定の機能は、Windows「chkdsk.exe」を使用します。
    「Windows 10 20H2」のユーザーは、問題解決までは「特定の機能」の使用中止(無効化)が必要です。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • owl
    owl
    投稿数: 423件

    元 Microsoft 従業員が、WindowsUpdate のバグが増加した理由を説明します
    https://www.ghacks.net/2019/09/23/former-microsoft-employee-explains-why-bugs-in-windows-updates-increased/
    以下、
    全文を意訳転載:
    Windows Update のバグが増加しています。
    これについて、@Barnacules として著名な JerryBerg 氏(元 Microsoft 社シニアSDET)が、Twitter やビデオで暴露しています。
    Berg 氏は、Microsoft での職歴が15年間に及び、彼の任務の1つは「Windows OS」のテストを自動化するためのツールとプロセスを設計および開発することでした。彼は、Windows 8.1 が正式にリリースされた後に退職しました。

    Microsoft は、テストプロセスを大幅に変更しました。
    Berg 氏は、2014年後半から 2015年初頭にかけてテストがどのように行われたか、そしてそれ以降、テストプロセスがどのように変化したかについて説明しています。

    2014/2015年に、Microsoft は、OS、ビルド、更新、ドライバー、およびその他のコードのテストに専念するチームを新設しました。チームは、テストを実行し、毎日の会議でバグや問題について話し合う複数のグループで構成されていました。テストはチームによって手動で自動テストを通じて実施されました。テストに合格した場合は、コードを Windows に統合できます。
    https://www.ghacks.net/wp-content/uploads/2018/01/windows-10-display-telemetry-data.png
    チームは、自動テストを通じてラボの「実際の」ハードウェアでテストを実行しました。マシンにはさまざまなハードウェアコンポーネントがありました。プロセッサ、ハードドライブ、ビデオカードとサウンドカード、およびその他のコンポーネントで幅広いシステム構成をカバーします。これは、特定のハードウェアコンポーネントまたは構成にのみ影響するバグがプロセスで検出されたことを意味します。

  • owl
    owl
    投稿数: 423件

    Microsoft は、
    Windows、Windows Mobile、Xbox の 3つの異なるシステムから単一のシステムに焦点を移したため、
    Windows テストチームのほぼ全員を解雇しました。
    同社はほとんどのテストを仮想マシンに移しました。
    これは、Berg 氏によると、テストはほとんどの場合、実際の多様なハードウェア構成で実行されなくなったことを意味します。

    Microsoft の従業員は、Windows をセルフホストすることができます。これは、自分のマシンがテスト目的にも使用されることを意味します。その背後にある主なアイデアは、Microsoft の従業員が、勤務中に発生した問題に遭遇したときにフィードバックを受け取ることでした。Berg 氏は、セルフホスティングは以前ほど広く使用されなくなったと述べています。

    導入されている自動テストシステムを除いて、テストデータの主なソースは「テレメトリと WindowsInsider」からのものです。
    Windows Insider ビルドは数百万のデバイスにインストールされており、Microsoft はこれらすべてのデバイスからテレメトリでデータを収集します。

    何かがクラッシュした場合、Microsoft はそれに関する情報を取得します。
    テレメトリの収集に関連する問題の 1つは、ほとんどのバグがテレメトリでは検出されないことです。
    何かが正しく機能しない場合、Microsoft はテレメトリデータから関連するビットを識別できない可能性があります。
    ユーザーが問題を報告する可能性はありますが、多くの場合、報告されず、Microsoft が Insider からの他のフィードバックのために混乱を招く場合もあります。さらに、Insider からの合理的な必要な情報が Microsoft に提供されない場合が多く、これらの問題の解決を担当するエンジニアにとって大きな課題となります。

  • owl
    owl
    投稿数: 423件

    ヒント:
    Microsoft が収集するテレメトリデータを表示できます。
    https://www.ghacks.net/2018/01/24/view-telemetry-data-windows-10/
    また、Windows10 でテレメトリを構成する方法を確認できます。
    https://www.ghacks.net/2018/03/12/configure-telemetry-windows-10/

  • owl
    owl
    投稿数: 423件

    2014/2015年に、
    Microsoft のテストチームは、バグと問題を分析し、これらを解決するために必要なデータをエンジニアに提供する任務を負っていました。当時、Berg 氏はエンジニアがこれらの問題を修正する方法を理解できるようにテレメトリを分析し、修正が Insider Builds を実行しているユーザーのデバイスに再度プッシュされて、問題が修正されたかどうか、または新しいバグが作成されたかどうかをチェックしていました。

    Microsoft が新機能の更新を、すべての人に一斉にプッシュするのをやめた主な理由の 1つは、処理されたものによって検出されなかった問題が、多数のユーザーに影響を与える可能性があるからでした。

    Windows 10 バージョン 1809 のリリースなどで起きた全体的な災害
    https://www.ghacks.net/2018/10/06/microsoft-pauses-windows-10-version-1809-rollout/
    を避けるために、リリースの初期段階で、機能の更新が WindowsUpdate を介して、大半のマシンに配信されないようにする「段階的なロールアウト」が導入されました。