Microsoft Defender の除外設定を簡単に行えるツール

  • 5

    新旧の Microsoft Defender Antivir…

    owl
    owl
    投稿数: 404件
    Windows 10

    新旧の Microsoft Defender Antivirus(Microsoft Security Essentials、Windows Defender)や、
    サードパーティ製のウイルス対策製品が、一部のファイルやフォルダで問題を起こすことがあります。
    典型的な問題としては、
    パフォーマンスの低下、必要なファイルの削除、動作の不安定さなどがあり、信頼済みのファイルやフォルダに悪意のあるフラグ(偽陽性)が立てられることもあります。
    このような問題を回避するには、
    この種のファイルやフォルダーを「例外リスト」へ手動で追加することが必要になります。
    (その手順は、手数が掛かるうえに、相応のスキルも必要ですが)当アプリを導入することで「右クリックメニュー」から、簡単に「除外設定」を行うことができます。

    注意事項:システムファイルを含む重要なフォルダを除外リストに追加しないでください。
    詳細は、下記「公式」サイトで
    https://www.sordum.org/10636/defender-exclusion-tool-v1-2/

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?