広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー

  • 5

    【追記あり】Google が考案した新たなプライバシー侵害ツール「Idl…

    owl
    owl
    投稿数: 417件
    Windows 10

    Google が考案した新たなプライバシー侵害ツール「Idle Detection API」について
    https://freesoft-100.com/review/comment/20688/
    Chromium 系ブラウザベンダーで唯一、
    Brave のみが問題の「Idle Detection API」の実装を拒否しました。
    そのため、ユーザーは「Idle Detection API」をオプトアウトする必要はありません。
    しかしながら、ウェブの互換性とセキュリティ上の理由から、Chromium は「Google Chrome」の新しいアップストリームリリースをマージしなければならないため、内部設定ページを独自な仕様に修正できません。そのため、設定ページには「Idle Detection API」の表示が残存することになります。
    Brave は、この「新機能」をバックグラウンドで(Brave の プログラムレベルで)無効化し、この機能の内部設定ページへアクセスするリンクを削除しました。
    https://github.com/brave/brave-core/pull/7054
    その実効性(無効化)は、第三者のテストによっても証明されています。


    Brave が削除する Chromium の機能は?
    https://github.com/brave/brave-browser/wiki/Deviations-from-Chromium- (features-we-disable-or-remove)#what-chromium-features-are-removed-for-privacysecurity-reasons

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?