広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー

Brave のアイコン

Brave
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9 以降, Linux, iOS, Android
バージョン:
0.65.121(2019/06/20)

広告非表示&トラッキングブロックにより高速なブラウジングを実現したウェブブラウザーです。
オープンソースで開発されていて、ユーザーの閲覧速度向上と安全性を高めることを目的とし、コンテンツ制作者の広告収益の適正な分配も目指しています。
広告非表示によりページ表示速度が最大60%改善することがうたわれています。

提供元:

Brave プロモーション動画(英語)(※少しボリューム大きめです)

Brave の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download Brave for Windows」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版は、「Download Brave for Windows」ボタン下の「macOS」リンク、「Linux」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(BraveBrowserSetup.exe)からインストールします。

使い方

日本語化手順

  1. 本ソフトを起動し、画面右の メニュー をクリックし、表示されたメニューから「Settings」をクリックします。
  2. 「Settings(設定)」ページが表示されます。
    ページ中央やや下にある「Advanced ▼」をクリックし、表示された「Languages」項目の「English」プルダウンをクリックし、「Add language」をクリックします。
    Settings ページで Add languages をクリック
  3. 「Add languages」画面がポップアップします。
    「Japanese - 日本語」にチェックを入れ、「Add」ボタンをクリックします。
    Add languages 画面で Japanese - 日本語 をクリック
  4. 選択した「Japanese」が追加されるので、「Japanese」横の More actions をクリックし、表示されたメニューから「Display Brave in this language」にチェックを入れます。
  5. 「Japanese」下に緑字で「Brave is displayed in this language」と表示され、「Relaunch」ボタンが表示されます。
    「Relaunch」ボタンをクリックします。
    「Relaunch」ボタンをクリックして日本語を適用
  6. 本ソフトが再起動し、表示言語が日本語化されます。
    ※ 一部英語表記が残ります。

プライベートウィンドウ

本ソフトでは履歴等を残さずブラウジングできるプライベート機能がプライベートウィンドウとして用意されています。
次の方法で開くことができます。
  • 画面右の メニュー をクリックして、表示されたメニューから「New private window」をクリックする
  • [Ctrl] + [Shift] + [N] キーを押す
プライベートウィンドウ


ブックマーク

表示しているページをブックマークするには、アドレスバー左の このページをブックマークに追加します をクリックします。
ブックマークされると このページをブックマークを編集します に表示が変わります。

ブックマークされたウェブサイトは、[Ctrl] + [Shift] + [B] キーを押してブックマークバーを表示してアクセスできます。
※ もう一度 [Ctrl] + [Shift] + [B] キーを押すとブックマークバーを非表示にできます。

Brave Shields

画面右上の Brave Shields をクリックすると、ブロックした広告数などを表示します。
正常にページが表示できないような場合は、スライダー をクリックして、そのページだけオフにすることもできます。
Brave Shields


更新履歴(英語)

Version 0.65.121 (2019/06/20)
  • Upgraded Chromium to 75.0.3770.100. (#4962)

Version 0.65.120 (2019/06/14)
  • Fixed inability to tip Twitch channels. (#4680)
  • Fixed incorrect rewards panel when viewing VODs on twitch.tv. (#3590)
  • Fixed rewards panel showing incorrect publisher when viewing a Twitch channel. (#3417)
  • Fixed incorrect text display when restoring a wallet under Norwegian locale. (#4880)
  • Upgraded Chromium to 75.0.3770.90. (#4888)

Version 0.65.118 (2019/06/06)
  • Added sidebar navigation for brave://settings. (#958)
  • Added Terms of Services link prior to Brave Rewards opt-in. (#3124)
  • Added a new proxy endpoint for CRLSets. (#3920)
  • Added privacy warning on Brave Sync code page. (#4132)
  • Added more information under brave://rewards-internals to improve rewards debugging. (#3624)
  • ...(省略)

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】Brave は、 「Ping 属性」が無効にな…

    owl
    owl
    投稿数: 299件
    Windows 10

    Brave は、
    「Ping 属性」が無効になっている数少ないブラウザの 1つです。
    Google Chrome、Opera、Microsoft Edge、Safari では、Ping 属性がデフォルトで有効になっており、無効化もできません。

    Ping hyperlink auditing(Ping ハイパーリンク監査)について:
    ping は、別のリソースに情報を送信できるように、リンクに追加される新しい属性です。
    事例:
    <a href=”freesoft-100.com/ ping=”example.com/”>This</a>
    ユーザーが、フリーソフト100 のリンクをクリックすると、クリックが発生したことが example.com に通知され、1つまたは複数のリソースへのリダイレクトが可能になります。(フリーソフト100は、事例としての代入です)

    ping は「Tracking」に応用されています。
    厄介なことに、ping 属性を可視化できないため、エンドユーザーがその細工を知るすべがありません。
    Developer tools や拡張機能の CRX Viewer( https://github.com/Rob--W/crxviewer )などで「ソース」をチェックすることは可能ですが、相応のスキルを要します。

    プライバシー保護とは別に、
    ping が「DoS 攻撃」に使用された事例が少なくとも 1件確認されています。
    https://www.bleepingcomputer.com/news/security/hyperlink-auditing-pings-being-used-to-perform-ddos-attacks/


    無効化されているブラウザでは、uBlock Origin などで「ping」のブロックが可能。
    しかし、Google はそれらの拡張機能を実装不可能にする計画を表明した:Google の収益源「個人情報収集と第三者へのデータ供与」に打撃
    www.ghacks.net/2019/05/30/google-still-on-track-to-limit-ad-blockers-in-chrome/

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    この数日間ですが、試用してみた感想です。 インストール後の…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 351件
    Windows 10

    この数日間ですが、試用してみた感想です。
    インストール後のBookmark等のインポートについては、特に知識がなくても簡単にインポートできます。
    ただGoogleアカウントは利用できなないので、Chromeで利用している拡張機能は同期不可能な点が、後々若干面倒。
    ブラウジングについては、デフォルトでバナー広告やトラッキング広告等がカットされるので、わざわざuBlock Origin等の拡張機能を導入する必要がないので、デフォルトでもセキュアなブラウジングが可能になっています。

    GoogleアカウントはBraveの開発方針として結び付けたくない様なので、上記の様に拡張機能の同期が不可能であったり、『Googleクラウドプリント』が利用不可なので、私としては、この点についてもマイナス点。
    結構、携帯からGoogleクラウドプリントで印刷しているので、私にとっては必要な機能です。

    あとアンインストール後、C:¥Program files(x86)下にBraveのフォルダが残留するのと、Brave Updateサービスがスタートアップに残留します。

    以外については、非常に優れたChromiumベースのブラウザかと思います。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】本ブラウザは、Chromiumベースに変更後から…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 840件
    Windows 10

    本ブラウザは、Chromiumベースに変更後から注目度が高くなったように思います。
    言うまでもなく、オープンソースで開発という素性の良さは特筆できる美点ですね。
    導入が簡単であり、ブックマークのインポートや各種設定にスキルは不要でしょう。
    バナー広告・トラッキング広告・YouTubeの広告などが一掃されて画面がスッキリ。
    とりわけYouTubeの広告ブロックは、動画再生時のストレスが無くなり別次元です。
    接続環境を極力「HTTPS」による暗号化通信にアップグレードしてくれることも◎。
    また、余計な裏通信や処理が減るので、パフォーマンス向上という利点があります。
    他のブラウザと比較して速い部類と思われ、私が現在使用するブラウザの一つです。
    日本語化で扱い易くなり、デフォルト設定のままでも実用的で、初心者に向くかと。


    Brave は、ファイル容量がGoogle Chrome の約半分と軽量なのも好みです。
    デフォルトで付属していると便利かなあと思うのは、「翻訳機能」ですかね。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Brave に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 12 件)