広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー

Brave のアイコン

Brave
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9 以降, Linux, iOS, Android
バージョン:
1.27.108(2021/07/23)

広告非表示&トラッキングブロックにより高速なブラウジングを実現したウェブブラウザーです。
オープンソースで開発されていて、ユーザーの閲覧速度向上と安全性を高めることを目的とし、コンテンツ制作者の広告収益の適正な分配も目指しています。
広告非表示によりページ表示速度が最大60%改善することがうたわれています。

提供元:

テレビCMで放送された動画

Brave の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download Brave for Windows」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版は、「Download Brave for Windows」ボタン下の「macOS」リンク、「Linux」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(BraveBrowserSetup.exe)からインストールします。

使い方

日本語化手順

  1. 本ソフトを起動し、画面右上の メニュー をクリックし、表示されたメニューから「Settings」をクリックします。
    ※ 画面右上に メニュー の代わりに メニュー が表示されている場合もありますが、その場合は メニュー をクリックします。
  2. 「Settings(設定)」ページが表示されます。
    ページを一番下までスクロールして「Additional settings ▼」をクリックし、表示された「Languages」項目の「English」プルダウンをクリックし、「Add language」をクリックします。
  3. 「Add languages」画面がポップアップします。
    検索ボックスに「japa」と入力すると表示される「Japanese - 日本語」にチェックを入れ、「Add」ボタンをクリックします。
  4. 選択した「Japanese」が追加されるので、「Japanese」横の More actions をクリックし、表示されたメニューから「Display Brave in this language」にチェックを入れます。
  5. 「Japanese」下に緑字で「This language is used when translating pages」と表示され、「Relaunch」ボタンが表示されます。
    「Relaunch」ボタンをクリックします。
  6. 本ソフトが再起動し、表示言語が日本語化されます。
    ※ 一部英語表記が残ります。

プライベートウィンドウ

本ソフトでは履歴等を残さずブラウジングできるプライベート機能がプライベートウィンドウとして用意されています。
次の方法で開くことができます。
  • 画面右の メニュー をクリックして、表示されたメニューから「新しいプライベートウィンドウ」をクリックする
  • Ctrl + Shift + N キーを押す


ブックマーク

表示しているページをブックマークするには、アドレスバー左の このページをブックマークに追加します をクリックします。
ブックマークされると このページをブックマークを編集します に表示が変わります。

ブックマークされたウェブサイトは、Ctrl + Shift + B キーを押してブックマークバーを表示してアクセスできます。
※ もう一度 Ctrl + Shift + B キーを押すとブックマークバーを非表示にできます。

Brave Shields

画面右上の Brave Shields をクリックすると、クロスサイトトラッキングのブロック数、接続をHTTPSへアップグレードした数、ブロックしたスクリプト数などを表示します。
正常にページが表示できないような場合は、スライダー をクリックして、そのページだけオフにすることもできます。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.27.108 (2021/07/23)
  • Brave 広告通知の「表示される広告の最大数」の下に新しい時間単位のオプションを追加しました。(#16228)
  • Wayback Machine の情報バーに「もう聞かないで」ボタンを追加しました。(#8497)
  • [セキュリティ] sickcodes によって HackerOne で報告されたように、Torログをディスクからメモリに移行しました。(#16747)
  • 追加の WebGL 拡張ブロックロジックを実装しました。(#15882)
  • 「切断された」Brave Rewards ウォレットの状態が改善されました。(#15237)
  • 特定の地域での新規インストール用にデフォルトの検索エンジンを更新しました。(#16870)
  • Brave Rewards ウォレット検証モーダルを更新しました brave://rewards/#verify。(#16178)
  • Brave 広告UIを更新して、今月のみの保留中の報酬の見積もりを表示します。(#15005)
  • 厳密に設定すると常にライトモードに戻るように指紋保護を更新しました。(#15265)
  • 「今月の現在の収益(推定)」が誤って減少する場合がある問題を修正しました。(#16861)
  • さまざまなIPFSの問題を修正しました。(#17112)
  • TLSピンが機能しない問題を修正しました。(#15667)
  • Chromium を 92.0.4515.107 にアップグレードしました。(#17036)

Version 1.26.77 (2021/07/17)
  • Chromium を 91.0.4472.164 にアップグレードしました。(#16977)。

Version 1.26.74 (2021/06/30)
  • オンボーディングやURLバーなど、いくつかの場所で「Brave Search beta」の名前を「Brave」に変更しました。(#16564)。
  • Chromium を 91.0.4472.124 にアップグレードしました。(#16600)。

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 5

    私の常用ブラウザは「Firefox ESR」ですが、

    owl
    owl
    投稿数: 404件
    Windows 10

    私の常用ブラウザは「Firefox ESR」ですが、
    その検索エンジンの default に「Brave Search」を設定しています。

    Brave は、
    オープンソースの検索エンジン「Tailcat」を買収し、
    「複数のコミュニティが作成したオープンなランキングモデル」を採用した「Brave Search」を公開しています。
    Brave Search は、他のプロバイダー(Google、Bing、Yandex、Baidu)から独立した検索インデックスを持ち、完全に独自の新たな検索エンジンです。
    https://brave.com/wp-content/uploads/2021/03/goggles.pdf
    https://brave.com/brave-search/

    「Google」の API に依存しているもの:Startpage
    Microsoft「Bing」の API に依存しているもの:DuckDuckGo、Qwant、Ecosia

    現在の beta 版の仕様では、「環境設定」を保存することができません。
    ホワイトリストに登録するか、毎回環境設定をするか、デフォルトの設定を使うかの 3つの選択肢しかありません。(安定版のリリース時には改善されているでしょう)
    初期設定のままでは「Teema, Open links in new tab」が選択できないだけなので、問題とは感じていません。
    むしろ、Bing 検索を凌駕し、Google 検索にも匹敵する検索性能は魅力的です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    使いにくいです

    tomatomato
    tomatomato
    投稿数: 1件
    Windows 10

    使いにくいです。
    そもそもクリックしてから10秒ほど待たないと反応しないうえに、カクカクで使い物になりません。
    一部の人のみなのだと思いますが、そういう可能性もあるということをお知らせしておきます。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    いわゆるおま環という奴かもしれませんが、私の環境ではFireFox…

    てきとう(^^)
    てきとう(^^)
    投稿数: 43件
    Windows 10

    いわゆるおま環という奴かもしれませんが、私の環境ではFireFoxではダウンロード速度が遅すぎて使うのが苦行でして、WaterFox Classic+旧プラグインで使ってたんですが最近の更新でFireFox並に速度低下してしまい、どーにもならずにこちらを使いはじめました。

    当たり前ですがふざけとんのか!おぉ?と言いたくなる位速くなりましたw(^_^;)
    本家よりUIが使いにくく感じないのがとても不思議…
    微かな色合いの違い程度でも全然違って感じるのはUIデザインの妙で素晴らしいですね(^^)
    ただ、濃ゆいライオンのアイコンのデザインは毎日使うにはしつこくて微妙な気がしますが…(^_^;)

    WindowsでMacType無しで文字を読むのは正直なんかの修行でしかありませんが、Chromium系は標準状態ではMacTypeが効きません。文字を読みやすくする拡張機能もたくさんありますが効果が微妙すぎるのでダブル使用がおすすめなようです。
    でも、文字レンダリングを横取りしたのに基本的に細い字で、背景の白がキツくて目がチカチカしますね(太いフォントは汚くなる罠)…Chrome大好き同僚がデスクトップからなにから真っ黒にしている理由が今更解りましたよ(^^;)

    ネガティブ話ばかりで申し訳ないですが、Chromeの最悪な部分も引き継いでいるのが非常に残念…「画像や映像がとにかく汚い」ということです。
    ニュースサイトとか見るとサムネイル写真とかがボケボケでやべぇ目悪くなったかな?と思いましたよ(x_x;)

    まあ、てきとうな感想ですがユーザーにとっては「余計なモンなんぞいらねーんだよ!ふつーに快適に見れる奴よこせや!щ(゚д゚щ)」なのに、「貴方が真に心から求めるものは手に入ることはないでしょう」という宗教的命題が出現してしまう今日此頃ですなw

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Brave に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 44 件)