広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー

Brave のアイコン

Brave
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9 以降, Linux, iOS, Android
バージョン:
0.25.2(2018/10/08)

広告非表示&トラッキングブロックにより高速なブラウジングを実現したウェブブラウザーです。
オープンソースで開発されていて、ユーザーの閲覧速度向上と安全性を高めることを目的とし、コンテンツ制作者の広告収益の適正な分配も目指しています。
広告非表示によりページ表示速度が最大60%改善することがうたわれています。

提供元:

Brave プロモーション動画(英語)

Brave の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download Brave」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

既定のブラウザーにするか

  1. 本ソフトを起動すると、「Ready to make Brave your default Browser?(Brave を既定のブラウザーに設定してもよろしいですか?)」ウィンドウが表示されます。
    Brave - 初回起動時
  2. 既定のブラウザーにする場合は「Use Brave(Brave を使用)」ボタン、既定のブラウザーにしない場合は「Not Now(今はしない)」ボタンをクリックします。
    ※ 今後この質問を表示しない場合は「Always check on startup(起動時に常に確認する)」のスライダーをクリックしてオフにします。

日本語化手順

  1. 本ソフトを起動し、画面右の メニュー をクリックし、表示されたメニューから「Settings」をクリックします。
  2. 「Preferences(設定)」ページが表示されます。
    Language を「Japanese (Japan)」にして日本語表示

    ページ中央やや下にある「Language」項目の「English (U.S.)」プルダウンをクリックし、「Japanese (Japan)」を選択します。
  3. 画面上部に黄色い背景の「Do you want to restart now?(今すぐ再起動しますか?)」と表示されるので、右側の「Yes」ボタンをクリックします。
  4. Brave が再起動され日本語化されていることを確認できます。
    新しいタブ

プライベートタブ

本ソフトでは履歴等を残さずブラウジングできるプライベート機能がプライベートウィンドウではなく、プライベートタブとして開きます。
プライベートタブ

次の方法で開くことができます。
  • タブ表示されている並びの 新しいタブを開く をクリックして長押しして、表示されたメニューから「新しいプライベートタブ」をクリックする
  • 画面右の メニュー をクリックして、表示されたメニューから「新しいプライベートタブ」をクリックする
  • [Alt] キーでメニューバーを表示し、「ファイル」⇒「新しいプライベートタブ」をクリックする
  • [Ctrl] + [Shift] + [P] キーを押す
プライベートタブには eye のアイコンが表示されます。

ブックマーク

表示しているページをブックマークするには、アドレスバー左の このページをブックマークに追加します をクリックします。
ブックマークされると ブックマークを削除 に表示が変わります。

ブックマークされたウェブサイトは、[Alt] キーを押してメニューバーを表示し、「ブックマーク」からアクセスできます。
また、ブックマークツールバーを表示して素早くアクセスすることも可能です。
メニューバー「ブックマーク」、ブックマークツールバーの表示

次の方法でブックマークツールバーを表示できます。
  • [Alt] キーでメニューバーを表示し、「ブックマーク」⇒「ブックマーク ツールバー」をクリックする
  • 画面右の メニュー をクリックして、表示されたメニューから「ブックマーク」⇒「ブックマーク ツールバー」をクリックする

保護設定

画面右上の 保護設定パネルを開く をクリックすると、ブロックした広告数、HTTPS接続にアップグレードした数などを表示できます。
表示される項目
  • 広告と追跡(トラッキング)のブロック数
  • HTTPSへのアップグレード数
  • スクリプトのブロック数
  • フィンガープリンティングのブロック数

変更できる項目
  • 広告のコントロール
    Brave の広告を表示 / 広告をブロック / 広告とトラッキングを許可 から選択します。
  • クッキーのコントロール
    サードパーティークッキーをブロック / 全てのクッキーを許可 から選択します。
  • HTTPS Everywhere
    HTTPSへできるものはHTTPS通信へと変更する設定。
  • スクリプトをブロック
  • フィンガープリンティングの保護
  • フィッシング、マルウェアをブロック

ユーザーレビュー

  • 5

    ZOZO さんのレビュー:現在「安定版」「ベータ版」「Dev…

    usericon owl
    投稿数: 235件
    Windows 10

    ZOZO さんのレビュー:現在「安定版」「ベータ版」「Dev版」と3種類あり共存可能で3つのバージョンを同時起動可能です。
    に触発されて、beta 版を(一週間ほど)試用しています。
    >実装バージョン: 0.57.8 Chromium: 71.0.3578.53(Official Build)beta (64 ビット)

    確かに、それぞれの「版」が独立して管理されるため、手間いらずで併用できます。
    同梱の「Braveシールド」が有用なので、AdBlocker や Script Blocker などは不要です。
    Beta 版および Dev版は、「Release 版では制限されている機能」が有効化されているので、使い勝手(UI、UX)をカスタマイズできます。
    >安定(Release)版の不満点だった:
    フルスクリーン機能 [F11] key が default で有効化されている。
    「Dark」モードを選択できる。
    「chrome ウェブストア」からの実装が可能(テーマには、Brave 非互換あり)。
    実装した拡張機能:
    Clean Master/Dark Reader Dark/Decentraleyes/DuckDuckGo Privacy Essentials/Google Analytics オプトアウト アドオン/Privacy Possum/SingleFile/Speed Dial/uBO-Scope/uMatrix

    私見ながら、実用性では「安定(Release)版よりも Beta 版」が魅力的です。
    TorBrowser が常用品(サブが Firefox beta)ですが、Brave(Beta)には「素性の良さ」と「平易さ」の美点を感じます。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    現在「安定版」「ベータ版」「Dev版」と3種類あり共存可能で…

    usericon ZOZO
    投稿数: 3件
    Windows 10

    現在「安定版」「ベータ版」「Dev版」と3種類あり共存可能で3つのバージョンを同時起動可能です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】使い方のヒント: 「起動ページ」は、変更するこ…

    usericon owl
    投稿数: 235件
    Windows 10

    使い方のヒント:
    「起動ページ」は、変更することも複数のホームページを表示することも可能です。
    表示したいサイトの URL に置き換えるだけですが、複数化の場合はページごとに「|」で区切ります
    事例:https://www.brave.com|https://www.yahoo.co.jp|about:bookmarks
    とすれば、brave.com/Yahoo!JAPAN/ブックマークマネージャー が、起動時に表示されます。

    実装されていない機能について
    ・全画面化(F11)機能:廃止(://github.com/brave/browser-laptop/issues/11463 )
    ・Night/Dark Mode:実装予定(://community.brave.com/t/night-dark-mode/318 )
    ・翻訳機能:実装予定(://github.com/brave/brave-browser/issues/208 )
    ・ツリー型タブ:実現困難(://github.com/brave/browser-laptop/issues/2185 )
    ・ダウンロードマネージャー:起票(計画化)
    ・フィードリーダー:起票
    ・その他(://github.com/brave/browser-laptop/issues )

    Brave の広告表示について
    ・広告表示のオプションは、許諾と同意に基づき行われます。規定は「ブロック」です。
    ・Brave での広告は、Locale に応じたコンテンツを定期的にプッシュします。カタログをダウンロードしてもユーザーは識別されません。ユーザーの個人情報をデバイスから漏らさずに操作できるように設計されています。
    ・参考に:
    ブラウザ「Brave」が追求する新たな広告システム--仮想通貨でユーザーにも利益
    ://japan.cnet.com/article/35121238/
    最速ブラウザ「Brave」では広告を消せる&仮想通貨を稼げる!
    ://yumasenshu.com/2018/05/17/


    Braveは、新しい報酬のエコシステムを通じて広告事業者を支援しながら、ユーザーに「より安全で、より速く、より良いブラウジング体験」を提供することで Web を是正するという使命を掲げています。オープンソースであり、Mozilla の Javascript と共同設立者によって設立された、プライバシーに重点を置いたパフォーマンス指向の Web の先駆者チームによって構築されています(公式:意訳)


    オープンソースプロジェクト(://github.com/brave )で開発されています。
    Support(https://community.brave.com/ )
    FAQ(https://brave.com/faq/ )
    開発スタッフ(://brave.com/about/ )

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Brave に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 7 件)