インストールするだけの簡単設定でインターネット通信を暗号化して安全性を高めるソフト

  • 3

    ソースネクスト版「Wi-Fi セキュリティ Hotspot …

    スーパーどんぶらこ
    スーパーどんぶらこ
    投稿数: 3件
    Windows 10

    ソースネクスト版「Wi-Fi セキュリティ Hotspot Shield」を4年近く使用しています。 時々、Anchor社のHPから最新版をダウンロードしてアップデートしています。Hotspot Shiled の評判があったので、ずっとサブPCで使用しています。個人情報の入力が必要なサイトは利用せず、動画視聴やネットサーフィンに使っています。通信速度は遅くなります。
    利用して良かったと思う時がありました。外国のサイトからソフトウェアをダウンロードしようとした時、メインPC(VPN未使用)ではすごく時間がかかるのに、サブPC(Hotpost Shiledを使用)ではあっという間にダウンロードできたことがあります。

    また、Androidスマホでも使用してみたことがあります。しかし、Wi-Fi自動接続アプリとの相性もあり、度々Hotpost Shiledの接続が切断されるため、いつのまにか使わなくなってしまいました。安定したWi-Fi接続でないと切断されるようです。これは他のVPNアプリでも同様でした。

    個人情報収集の件については、自分で使用する範囲を決めて、うまく利用するしかないと思います。最低限の自己防衛として、HTTPSのような暗号化通信を使う、プライベートDNS(DNS Over TLS)を設定しておく、などは行ったほうが良いかもしれません。
    何のためのVPN?、と言われそうですね。
    なお、Androidは、9以降でプライベートDNSが設定できるようになっていますが、9ではVPN使用時にプライベートDNSが利用されないらしいです。詳しくは、Gooble Public DNS のドキュメントを読んでください。「TunnelBear VPN」のように、プライベートDNSと共存できないVPNアプリもあります。詳しく説明できないので、ご自分で調べてみてください。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • スーパーどんぶらこ
    スーパーどんぶらこ
    投稿数: 3件

    誤記訂正です。
    (誤)Gooble Public DNS
    (正)Google Public DNS

    以下は、このサイトを訪れる方には自明でしょうが、補足情報として。
    スマホに、「プライベートDNS(DNS Over TLS)」を設定すると、設定したPublic DNSサーバーの企業にDNSアクセス情報を収集されます。例えば、「dns.google」と設定すればGoogleに、「1dot1dot1dot1.cloudflare-dns.com」と設定すればCloud Flareに、DNSアクセス情報を収集されます。

    Android8やそれ以前のversionの場合は、「プライベートDNS」を設定することができません。私は、同様な機能を持つAndroidアプリ「Intra (DNS over HTTPS)」を使っていました。このアプリは、「Google Public DNS」や「Cloudflare 1.1.1.1 DNS」・・・等のDNSサーバーから一つを選択できるようになっています。
    しかし、「Intra」アプリは、他のVPNアプリと共存できないようです。「Hotspot Shield」を起動すると、「Intra」はオフになりました。