すぐに利用できるメモ機能、カラフルな履歴など使いやすさを追求しているウェブブラウザー

  • 2

    コールドスタートの速度ですがChromium系のBraveよ…

    たいやき
    たいやき
    投稿数: 10件
    Windows 10

    コールドスタートの速度ですがChromium系のBraveよりは僅かに遅いようです。そして起動時に一瞬現れるグレーの地に「V」の文字、この画面が砂嵐画面をイメージさせて印象が悪いです。これなら完全な白地の方が良かったです。ただし、一度起動さえすれば目的のwebサイトへの移動はBraveよりもVivaldiの方が早いです。

    更に気になる点がもうひとつ。左端に位置する各種アイコンのサイズが小さすぎます。設定でアイコンのサイズを大きく拡大する事も可能ですがそれをやるとウェブ画面そのものが拡大されてしまいます。開発陣は「ワンタッチで欲しい操作パネルを出したい」という気持ちが強すぎてそれが裏目に出てしまった感もあります。

    歯車アイコンをクリックすれば設定画面が表示されますが、その設定の種類が多すぎるような気もします。普段から設定に慣れてても「これはちょっと・・」な印象を受ける方も多い事と思われます。

    他にも時折クラッシュします。今時のブラウザでクラッシュは珍しいと思いました。メインで使用するには不安過ぎます。勿論使用PCにはメモリ64GBを搭載済みです。メモリ不足が理由ではないようです。重い作業を同時進行しているわけでもありません。

    肝心の広告カットの性能ですがBraveではYouTubeの広告が時折表示される事もありますが、Vivaldiの場合はかなり強力な広告カットを施してくれます。それでもYahoo!Japanのトップページに置かれているYahooショッピングの広告だけはカットできません。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?