様々な方法で起動できる扱いやすいランチャーソフト

  • コメント

    先にレビューされている方も言われてますが、このランチャー、あ…

    Wil
    Wil
    1
    Windows 8/8.1

    先にレビューされている方も言われてますが、このランチャー、ある種致命的なバグを抱えているようです。

    ランチャーから起動した場合と、普通にエクスプローラーから起動した場合とで挙動が変わるので調べてみたら、ランチャーが設定ファイルを読み込む際、作業フォルダの設定が読み込めていないようです。私はそこしか見ていませんが他にも読み込めていない可能性があります。

    おそらく設定データ格納領域をゼロクリアしたのちに読み込んでいるんでしょうが、作業フォルダの設定を読み込んでいないため、ここが必ず0=ドキュメントフォルダになってます。
    このソフトの言う作業フォルダはWindowsのショートカットで見る作業フォルダと同じでしょうけど、DOSレベルで見るとカレントディレクトリと同義だと思います。
    このランチャからどんなソフトを立ち上げても作業フォルダ=カレントディレクトリがドキュメントフォルダになるため各ソフトの設定ファイル等がすべてドキュメントフォルダ起点で読み書きされてしまいます。
    ユニークな名前の設定ファイル名やフォルダ名をつけているソフトなら先のレビューのとおり違う挙動で済むのですが、ありきたりの名前(例としてdefault.cnf等)を使っているソフトを複数起動させた場合、おそらく設定ファイルの奪い合いが発生して、情報破損が発生します。
    現状このランチャで問題なく使用できるのは起動したソフトが作業フォルダに依存しないつくりをしていることが必要かと思います。

    私としては、このメニュー形式でツリー状に登録できるランチャーがよかったので試したのですが、残念です。
    使用OSもWin8.1で作者さんのHPでも今後の更新予定無しとのことなので、このランチャは諦めたいと思います。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?