テキスト翻訳、PDF 保存、スクリーンショット保存を標準で備えた Chromium ブラウザー

  • コメント

    【追記あり】Ver.43.0.1.0 に更新したら・・・ どういう理由…

    Gonbe
    Gonbe
    1,349
    Windows 10

    Ver.43.0.1.0 に更新したら・・・
    どういう理由か、タスクバー「クイック起動アイコン」から立ち上がらなくなって、
    当然のように、ランチャー(CLaunch)からも立ち上がらなくなってしまいました。
    最初、「Ver.43.0.1.0 再インストール」を試みましたが、状況の変化はありません。
    起動失敗後、タスクマネージャで全ての「FlashPeak Slimjet」を終了させてから、
    再び手探りで原因究明するという、素人の虚しいアクションを繰り返していました。
    複数プロフィール設定でカスタマイズしているのが災いしているのかも知れません。
    色々と調査した結果、スタートメニュー「Slimjet Homepage」からは起動します。
    しかし、知識の乏しい私では解決方法がわからず、「Ver.42.0.3.0」に戻しました。


    最新Ver.43.0.2.0 に更新したが、Ver.43.0.1.0 の時と同様の事象が発生します。
    結局、再度Ver.42.0.3.0 に戻した。 色々なアカウントの再設定が面倒くさい。


    本ブラウザは、軽容量な身軽さが好きでしたが、何かと鬱陶しくなって来ました。
    現時点で「Chromium 122」という鈍足には、以前からウンザリしていましたし、
    Amazon の Prime Video でHD再生に対応していないのも不満に思っていました。
    そこで、最近の変身ぶりを評価して、Microsoft Edgeを規定のブラウザにします。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?