ダブルクリックでデスクトップアイコンを縮小表示できるツール

きのこ1UP++

きのこ1UP++

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7

デスクトップにたくさんアイコンを並べたい場合などには非常に重宝します。元に戻す場合もダブルクリックでOK。設定を変更するとアイコンの一覧表示、詳細表示設定もできます。

提供元:
T.M.Soft/TOMO

きのこ1UP++ の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(kinoko1up_plus.zip)を解凍し、kinoko1UP.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動すると、デスクトップアイコンが縮小されて一覧に並んで表示されます。
再びファイル(kinoko1UP.exe)をダブルクリックすると、デスクトップアイコンが元の大きさに戻ります。
※ Vista/7 では、大サイズ、中サイズ、小サイズの3段階で元に戻します。そのため、マウスホイールでアイコンサイズを変更していた場合には、若干大きさが変わる可能性があります。

設定

設定ファイル(kinoko1UP.txt)を変更することで、元に戻すサイズの変更や表示機能の変更ができます。

サイズの変更
Size=2 など書いてある数字を変更することで、元に戻すサイズを変更できます。
  • Size=0 … 大サイズ
  • Size=1 … 中サイズ
  • Size=2 … 小サイズ(Vistaではクラシック)

詳細表示
Vista/7 に限り、Mode を追加することで詳細表示・一覧表示ができます。
・Mode=1 … 詳細表示
・Mode=2 … 一覧表示
最初の状態に戻したい場合は、Mode= として、数字を削除すれば最初の縮小表示に戻ります。

設定ファイルの記載例
設定ファイル(kinoko1UP.txt)を以下のように設定すると、通常時は小サイズ、縮小時は詳細表示になります。
[Icon]
Size=2
Mode=1

コマンドライン

コマンドラインを利用したサイズ変更ができます。
  • 「-s」 … 小サイズで元に戻します。
  • 「-m」 … 中サイズで元に戻します。
  • 「-l」 … 大サイズで元に戻します。
  • 「-u」 … ユーザー指定アイコンサイズで元に戻します。
  • 「--u」 -u を指定している時に有効。中サイズから大きくする場合。
  • 「--d」 -u を指定している時に有効。中サイズから小さくする場合。
  • 「小数点なしの数字」 … 中サイズのアイコンからCtrl+ホイールでのホイール回転数。

Windows 7 / Vistaのみのおまけ。

  • 「--m」 … 詳細表示に。
  • 「--l」 … 一覧表示に。

ユーザー指定アイコンサイズのコマンドライン指定例
  • 「-u --d 5」でホイール回転5回で中サイズから小さくする。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?