常に革新的な機能を先取りし、進化し続けるウェブブラウザー

Opera

Opera

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.86

評価数:114

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1, Mac OS X 10.7以降, Linux, iOS, Android

独自のHTMLレンダリングエンジン Presto から Blink(Chromium)採用に切り替え、ブックマーク機能を廃止。ブックマークのようなスタッシュ機能、ニュースヘッドラインが読めるディスカバー機能が新しく追加されています。もちろん、拡張機能による機能追加、プライベートウィンドウ機能など、便利な機能も標準で用意されています。

提供元:

Opera の使い方

ダウンロード
  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックしてインストールします。
    ※ インストール時の最初の画面にて、画面左下の「オプション」ボタンをクリックしてインストールオプション(言語、インストールオプション、インストールフォルダ、ショートカットなど)を変更できます。
    ※ 「許可してインストール」ボタンをクリックすると、すぐにインストールが完了します。
使い方
プライベートウィンドウ
プライベートモードでブラウジングできます。このモードで閲覧した履歴等はすべて削除されて残りません。
プライベートウィンドウを開くには、メニュー ボタンをクリックし、「新しいプライベートウィンドウ」をクリックするか、[Ctrl] + [Shift] + [N] キーを押します。

スピードダイヤル
タブの横の「+」ボタンをクリックして新しいタブを開くか、アドレスバー横の スタートページ アイコンをクリックすると表示されるページが「スピードダイヤル」ページです。
よくアクセスするWebページを登録してブックマークのように利用できます。閲覧中のWebページでスピードダイヤルに追加したいページがあったら、アドレスバー内の スピードダイヤルに追加 アイコンをクリックするとスピードダイヤルに追加できます。

スタッシュ
後で確認したいページをとりあえず保存できるブックマークのような機能です。「スピードダイヤル」ページ上部の「スタッシュ」をクリックすると表示されます。
気になるWebページがあったら、アドレスバー内の スタッシュに追加 アイコンをクリックするとスタッシュに追加できます。

ディスカバー
ニュースのヘッドラインをチェックできます。画面右上の 設定 アイコンをクリックして、見たい国のニュースやヘッドラインのカスタマイズができます。

Opera アドオン(拡張機能、エクステンション)
「Opera アドオン」を追加して、機能を追加できます。


※ USBメモリー対応 : Opera Portable Edition / Opera@USB
※ Androidアプリ : Opera Mobile

ユーザーレビュー

  • 4

    12.17とそれ以降では使う意味すら違う。 12.17まで…

    2015年01月15日 09時07分

    usericon piscicida(1)Windows 7

    12.17とそれ以降では使う意味すら違う。
    12.17まではカスタマイズ性、機能といった、ブラウジングを積極的・能動的に行うためのブラウザだった。
    この画像は見たくない、このサイトではスクリプトを動作させたくない、外部プログラムとの連携ボタンの設置をしたい、見ているサイトのタイトルを取得したい、様々な「やりたい」「便利にしたい」を実現させていた。
    結果、他のブラウザを使うたび、めんどくさい、ここが足りない、イライラする、という想いを抱くことになった。
    新バージョンのOperaは結果的にユーザーにこの想いを抱かせる。

    なのに、今日になったら12.17が「新バージョンのOperaが利用可能になりました」とVer.25をダウンロードするようになった。
    ふざけるな。
    星ひとつ減らしたのはこのせい。

  • 5

    ▼Opera 12.17 (Prestoエンジン版)について…

    2014年12月26日 05時51分

    usericon 仙人@仙人の結界(3)Windows XP

    ▼Opera 12.17 (Prestoエンジン版)について
    機能が豊富で、ブログやウェブサイトや掲示板の記事を書いたり、HTMLやCSSの編集をする際に使用していますが、それ以外にも、自分のサイト移転時の作業とか、よそのサイトで、JavaScriptによる制限を回避して、画像をダウンロードしたりとか、あるいは、ニュース記事の保存などで活躍しています。たまに、商用サイトで対応していないサイトがあるのですが、そう言うサイトはあまり利用しなくなっています。

    Opera 12のダウンロード先: http://www.opera.com/download/guide/?ver=12.17


    ▼Opera 14~25以降(Chromium版)
    Opera 12と同じ機能がまだ実装されていない様なので、使い物にならず、レジストリーごときれいに削除しました。個人的には表示速度なんてどうでもいいのですが、表示速度は速いと思いました。Google Chromeのクローンに過ぎないのですが、スパイウェアやウィルスとしか思えないChromeを使うぐらいなら、こちらの方がまだましかなと思います。

  • 5

    Operaには旧バージョン(PrestoエンジンのVersi…

    2014年12月26日 05時25分

    usericon 仙人@仙人の結界(3)Windows XP

    Operaには旧バージョン(PrestoエンジンのVersion 12及びそれ以前)と新バージョン(現行のBlinkバージョン)がありますが、まず、旧バージョンのレビューから。

    Operaはスピードが売りなのですが、ウェブで活動するためにブラウザーを使っている者としては、スピードなんてどうでもいい話です。私がOperaを使う理由は、他のブラウザーに比べ、Operaが圧倒的に機能が豊富だからです。他のブラウザーでは全く代替できないので、Operaしかあり得ません。特に、JavaScriptの設定、Meta Redirectの設定などでは、Operaは必須です。ウェブを能動的に使い、表現やコミュニケーションの場として活用している人にとって、Opera 12及びそれ以前のバージョンのOperaは、まともに使える唯一のブラウザーです。但し、今も昔も、Operaではうまく表示できないサイトが、商用サイトでたまに存在します。なお、現在は、Opera 12.17が最新バージョンです。

    Opera 12(~10)の主な使用場所と使用用途は・・・
    1)FC2等のブログポータルでのブログ編集作業(記事作成とHTMLやCSSの編集)。
    2)WordPressでのブログ編集作業(記事作成とHTMLやCSSの編集)。
    3)通常のウェブサイトでの記事作成とHTMLやCSSの編集の際の動作確認。
    4)掲示板での投稿、カスタマイズ作業、及びその動作確認。
    5)JavaScriptなどで閲覧者に対する制限が入っているサイトの閲覧及び画像のダウンロード。例)ニュースサイトで画像をダウンロードする時などに使用。
    6)ウェブページの保存。サイト移転時の自分の旧サイトや、たまたま見つけたよその重要なウェブページをMHTML形式で一つのファイルにしてパソコンに保存します。例)ニュース記事を保存するとか、よそのブログやウェブサイトを保存する際に使います。※一つのファイルで保存できるため、ログ整理がしやすいです。※同様の機能はIEにもありますが、IEでやると不具合が多いので、基本的にOperaでやっています。但し、特に重要な場合は、別途キャプチャーソフトを使い、画面を丸ごとキャプチャーします。

    ・・・などです。

    一方、新しいBlinkエンジンのOperaはGoogle Chromeのクローンです。ChromeにOpera独自の機能を加えたものです。あいにく、未だに旧Operaと同じ機能が実装されていない様なので、個人的には、まだ使ってみる気にはなりません。ちょっと実験的にインストールして、しばらく使ってみた感じとしては、表示速度が非常に速くなったという感じです。他は、機能がOpera 12に比較してあまりにも劣るので、本格的な使用には至らず、レジストリーごと削除してあります。まあ、Chromeの様な危険なソフト(ほとんどスパイウェアとかウィルスに近いと思う)を使うよりもはよっぽどましですので、機能が充実したら、新バージョンも使うでしょう。

Opera に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 169 件)

ユーザーレビューを投稿する

ぜひ、あなたのレビューをご投稿ください。
ユーザーレビューについて
ユーザー名
ソフトの評価 [?]
お使いのOS
レビュー内容
パスワード

ダウンロードはこちら

ダウンロード

スポンサーリンク

ページトップに戻る