常に革新的な機能を先取りし、進化し続けるウェブブラウザー

Opera

Opera

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.81

評価数:124

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.7以降, Linux, iOS, Android

独自のHTMLレンダリングエンジン Presto から Blink(Chromium)採用に切り替え、ハートアイコンワンクリックで追加できるブックマーク機能を採用。ニュースヘッドラインが読めるディスカバー機能が新しく追加されています。拡張機能(Opera アドオン)による機能追加、プライベートブラウジング機能など、便利な機能も標準で用意されています。

提供元:

新しい Opera ブランドイメージビデオ

Opera の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Opera_NI_stable.exe)からインストールします。
    ※ インストール時の最初の画面にて、画面左下の「オプション」ボタンをクリックしてインストールオプション(言語、インストールオプション、インストールフォルダー、ショートカットなど)を変更できます。
    ※ インストールオプションにて「スタンドアロン」を選択すると、USBメモリー等で持ち運べるポータブル版としてインストールできます。
    ※ 「許可してインストール」ボタンをクリックすると、すぐにインストールが完了します。

使い方

プライベートウィンドウ

プライベートモードでブラウジングできます。このモードで閲覧した履歴等はすべて削除されて残りません。
プライベートウィンドウを開くには、メニュー ボタンをクリックし、「新しいプライベートウィンドウ」をクリックするか、[Ctrl] + [Shift] + [N] キーを押します。

スピードダイヤル

タブの横の「+」ボタンをクリックして新しいタブを開くか、アドレスバー横の スタートページ アイコンをクリックすると表示されるページが「スピードダイヤル」ページです。
よくアクセスするWebページを登録してブックマークのように利用できます。
スピードダイヤル内の「サイトを追加」をクリックして、サイトを追加できます。
閲覧中のWebページでスピードダイヤルに追加したいページがあったら、アドレスバー内の ブックマークに追加 アイコンをクリックしてブックマークに追加した後、プルダウンから「スピードダイヤル」を選択することで、スピードダイヤルに追加できます。

ディスカバー

ニュースのヘッドラインをチェックできます。
左に並ぶカテゴリー(エンターテインメント、ゲーム、サイエンス、スポーツ、ビジネス、ライフスタイルなど)をクリックして、見たいジャンルのニュースを見ることができます。

Opera アドオン(拡張機能、エクステンション)

「Opera アドオン」を追加して、機能を追加できます。



※ USBメモリー対応 : Opera Portable Edition / Opera@USB
※ Androidアプリ : Opera Mobile

ユーザーレビュー

  • 2

    ほかの人が書いてるが、あまりoperaもvivaldiも期待…

    usericon intel0081(10)Windows 7

    ほかの人が書いてるが、あまりoperaもvivaldiも期待できない。
    すっごい重いし遅い。
    firefoxで速度アップアドオン+メモリ開放軽量化アドオンを入れてやるとpresto OPERAのような速さになる。
    firefoxはメンテやアドオンを入れて改造しないと早くならないけど、その分手をかけると快適になる。
    chrom系は改造の余地があまりないのでどうしようもない。

  • コメント

    バージョンアップするたびに、Appフォルダの中に過去のope…

    usericon azazaz(1)Windows 7

    バージョンアップするたびに、Appフォルダの中に過去のoperaフォルダがおよそ125MBで残っています。
    削除した方がいいです。
    VPNも設定の中にありますが、中国企業が買い取るので怖くて使えないし、もうoperaとはサヨナラですね
    残念です

  • コメント

    こすけさんの仰る通り、何故か中国資本による買収騒動が起こって…

    usericon Keito(67)Windows 7

    こすけさんの仰る通り、何故か中国資本による買収騒動が起こっているこのタイミングで12.18がセキュリティ向上の目的で公開されたようです。

    この意図は、今のOperaの体制で最後の悪あがきとして公開したのか、既に中国資本が介入していて某OSのように最新版更新を強要する為のアップデートなのかは分かりません。
    また、個人的には中華系ソフトに良い思いをしたことが無いので最新版のOperaをサブで使っていましたがアンインストールしました。(唯一私が買っていた部分のOpera Turboはchromeのアドオンで代用します)

    実はこの買収騒動の直前にPresto版Operaを再び使ってみたのですが、チューニングを施して使ってみると、たったの2タブしか開いていないのに使用メモリが400MBを超えるという、Operaってこんなにメモリ食いだっけ?というほどで、使い続けるのはやめてしまいました。

    残念ながら、私が以前レビューしたとおり、現Operaユーザーの心のよりどころになるであろうVivaldiはあまり期待できません。
    結構ボロクソに書きましたが、バージョン6から使っていた身としては個人的選択肢の1つが潰えるというのは悲しいものです。

Opera に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 192 件)