Windows のフォントを Mac のように美しく見やすいフォントへと変更できるソフト

MacType

MacType
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.33

評価数:12

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1(32/64bit)

フォントレンダリングを改善する gdi++ が有志によって再開発され、Windows 8 64bit にも対応。やわらかなタッチのフォントで、Mac のように文字を美しく優しく表示します。MacTray
トレイロード であれば、いつでもMacType の起動、停止ができるので、MacType を適用していないウィンドウを開きたい場合にすぐに切り替えが可能です。

提供元:

MacType の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(MacTypeInstaller_2013_1231_0.exe)からインストールします。
  3. インストールが終わると、「MacType ウィザード」画面が表示されます。
    レジストリモード … すべてのソフトに MacType を適用します。適用するには Windows の再起動が必要です。
    サービスモード … サービスとして起動します。適用するには Windows の再起動が必要です。
    MacTray ロードタスクトレイに常駐して起動/停止ができるようになります。
    起動しない … MacType を起動しません。
    最初は「MacTray ロード」を選ぶのが安心です。
    起動モードを選択したら、「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 次に、好きなプロファイル(フォント)を選んで「完成」ボタンをクリックします。
    「変更を適用」ウィンドウが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
    設定が適用されると再びウィンドウが表示されるので、「終了」ボタンをクリックします。

使い方

ブラウザーを起動していた場合はブラウザーを再起動したり、Windows 自体を再起動させることで、MacType がデスクトップ、エクスプローラーなどに適用されます。
いままでのシンプルなフォントに比べ、影ができたようなふわっとした柔らかな印象のフォント表示になります。

Chrome に MacType を適用する
Chrome 37 以降では、「Direct Write フォント レンダリング システム」により、MacType が有効になりません。
そこで、次の手順で有効にします。
  1. Chrome のアドレスバーに「chrome://flags」と入力して [Enter] キーを押します。
  2. 「chrome://flags」ページが表示されます。
    「Direct Write を無効にする」項目内にある「有効にする」リンクをクリックします。
  3. ページ下に「今すぐ再起動」ボタンが表示されるので、クリックします。
  4. Chrome が再起動されると、MacType が適用されます。

対応言語
日本語、英語、フランス語、簡体字中国語、繁体字中国語

ユーザーレビュー

  • コメント

    Stylishの[turn all styles off]に…

    usericon カプラテ(14)Windows 10

    Stylishの[turn all styles off]にチェックが入っており、すべて無効になっていただけの凡ミスでした。
    Font Rendering Enhancerよりレスポンスも上がりStylishの方が最適ですね。
    レビュー以外での書き込みは控えたいのですが、
    私のあのままのレビューにより、真似してFont Rendering Enhancerを使用した方法の方が増えると思うとなんだか回避したくなりました。
    まずまず様もおそらく同じだと思います。
    ご迷惑をおかけしました。

  • コメント

    私のコメントが、カプラテ様に少しでもお役に立てた様で嬉しく思…

    usericon まずまず(184)-

    私のコメントが、カプラテ様に少しでもお役に立てた様で嬉しく思います。
    実は、先日まで【Font Rendering Enhancer】でフォントの太さを対応していましたが、やはり新規のページが表示される時の(太字になる)レスポンスが気になってしまい、色々なサイトでも紹介されている拡張機能【Stylish】を利用した方法でチャレンジしてみましたところ、私のディスプレイでは、下記の設定で丁度良いフォントになりました。
    ------------------------------------------------------
    *{
    -webkit-text-stroke-width: 0.3px;
    }
    ------------------------------------------------------
    上記の「0.3px」の数値を大きくすると太くなり、また少なくすると細くなります。
    ※*マークも含めてコピーしてください。*マークがないとフォーマットエラーになります。

  • 5

    Chrome52から”DirectWriteを無効にする”項…

    usericon カプラテ(14)Windows 10

    Chrome52から”DirectWriteを無効にする”項目が完全に無くなり
    昔のMacTypeのままでは適応できなくなったが、
    MacType v1.2016.830.0以降では非公式パッチすらも要らないと思えるほど良くなった。
    だが非公式パッチの方が若干不具合の修正が多いと思い、付属のreadmeJP.txtをよく読み入れ替えたが
    パッチでもそのままでも、標準インストール先のProgram Filesでないと、ChromeやEdgeを含むストアアプリがMacTypeに適応しない。
    カスタムインストールでインストール先を変更していたものだから泥沼にハマった。(Win10)

    使用するiniファイルには
    MacTypeそのままなら
    [General]にDirectWrite=1 [Experimental]にClipBoxFix=1
    非公式パッチをv1.2016.830.0以降に当てるなら
    [General]にDirectWrite=0 [Experimental]にClipBoxFix=0
    に追記(変更)すればいいと思っている。

    あとは、Stylishのアドオンでフォントを太くする方法がどこでも紹介されていたが、変化が解らず、
    まずまず様が教えてくださった「Font Rendering Enhancer」のChromeアドオンで
    フォントを最大に近いぐらい太くすれば完了した。
    最近になってMacTypeも非公式パッチも更新が盛んで、組み合わせでも注意が必要です。

MacType に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 21 件)