万が一に備えて、定期的に Windows のシステムの復元ポイントを作成できるソフト

Restore Point Creator

Restore Point Creator
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

レビューを見る(評価数:1 件)

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
6.2 Build 2(2017/05/02)

PCの動作が不安定になった時に、元の状態に戻せるのが「システムの復元ポイント」です。不安定になる前に戻そうと思ったら、その復元ポイントがかなり前だった・・・そんなことがないように定期的にバックアップできるソフトです。毎日、毎週、毎月の指定時刻にシステムの復元ポイントを自動で作成します。
管理画面からは、システムの復元ポイントの作成、復元、削除を行うことができます。

提供元:

Restore Point Creator の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイト へアクセスし、「Download Restore Point Creator Installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「ZIP File Package」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Install Restore Point Creator.exe)からインストールします。

使い方

システムの復元ポイントを作成する

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
  2. 画面右上の「Create System Checkpoint」ボタンをクリックすると、システムの復元ポイントを作成します。
    ※ 復元ポイントの名前を付けるには、画面上部の「Type in a name for your custom-named System Restore Point...」と書かれたテキストボックスに、復元ポイントに表示させたい名前を入力して「Create Custom Named Restore Point」ボタンをクリックします。

定期的にシステムの復元ポイントを作成する

スケジュール設定により、定期的にシステムの復元ポイントを作成できます。
  1. メニューバーの「Sytem Restore Point Utilities」⇒「Schedule creation of System Restore Points」とクリックします。
  2. In order to use this option of the program, you must put this program in a safe place. For instance, C:\Program Files(x86)

    The reason why is that this portion of the program creates a Windows Scheduled Task that runs this program so if the scheduled task can't find the program's EXE file, the task won't run.

    このプログラムのオプションを使用するには、このプログラムを安全な番所に置く必要があります。例えば、C:\Program Files(x86)

    理由は、プログラムのこの部分がこのプログラムを実行する Windows スケジュールタスクを作成するため、スケジュールされたタスクでプログラムのEXEファイルが見つからない場合、タスクは実行されません。
    上記のメッセージが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
  3. 「Task Scheduler」画面が表示されます。
    Daily(毎日)、Weekly(毎週)の指定曜日、Every(指定間隔)と時間を設定します。
  4. 「Save Task」ボタンをクリックして設定できます。
    ※ 「Delete Old Restore Points After Scheduled Restore Point is created」にチェックを入れると、システムの復元ポイント作成後に古い復元ポイントを削除できます。
    ※ 「Task Scheduler」画面下部の設定は、古い復元ポイントを定期的に削除する設定です。

システムを復元する

メイン画面の復元ポイントの項目をクリックして選択し、画面下部の「Restore to Selected System Restore Point」ボタンをクリックするか、右クリックメニューの「Restore to Selected Restore Point」をクリックして選択した復元ポイントを復元できます。

システムの復元ポイントを削除する

メイン画面の復元ポイントの項目をクリックして選択し、画面下部の「Delete Selected Restore Point」ボタンをクリックするか、右クリックメニューの「Delete Selected Restore Point」をクリックして選択した復元ポイントを削除できます。
または右クリックメニューの「Delete Selected Restore Point」をクリックしても削除できます。

ユーザーレビュー

  • 4

    Windows8.1およびWindows10でも今のところ機…

    usericon らきしす☆彡(3)Windows 10

    Windows8.1およびWindows10でも今のところ機能はしています。
    ただし、高DPI(4Kディスプレイなど)では、画面が1/4くらいに縮小されて表示されるため、文字がものすごく小さく操作しづらいです。
    拡大鏡アプリとの併用でなんとか使えていますが、間違って操作しないように注意が必要です。