取得したキャプチャ画像をFTPサーバーや画像系サービス(Flickr、TwitPic、yFrogなど)へアップロードできるソフト

ZScreen

ZScreen
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7

オープンソースで開発され、画面キャプチャを撮るだけでなく、プラスアルファの機能を利用できます。
ウィンドウは影付きで取得できます。ウィンドウ以外にも指定範囲やデスクトップ全体のスクリーンショットを取得してPNG / JPEG / GIF / BMP / TIFF で保存が可能。キャプチャ取得後に画像の編集、ウォーターマークの挿入ができ、ホットキー、翻訳機能を備えています。

提供元:

ZScreen の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(ZScreen-4.9.0.3057-dev-setup.exe)からインストールします。

使い方

  1. 「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「ZScreen」⇒「ZScreen」をクリックして起動します。起動するとタスクトレイに常駐して機能します。タスクトレイのアイコンをダブルクリックすると、設定画面を表示します。
  2. 設定画面中央の「Images:」 のプルダウンをクリックして、次のサービスの中から画面キャプチャ後の目的を設定できます。
    FTP(FTPサーバーへの転送)、File(ファイル保存)、Clipboard(クリップボードへのコピー)、TinyPic / Flickr / ImageBam / Imgur / TwitPic / TwitSnaps / yFrog(画像サービスへの転送)、Print(直接印刷)…など

  3. FTPの設定
    取得した画面キャプチャをFTPサーバーに転送する設定です。
    1. 「Destinations」タブをクリックすると、「FTP」の設定画面が表示されます。
    2. 「Add」ボタンをクリックし、新しいFTPアカウントを追加します。「New Accout」が追加されるので、画面右側の設定を変更していきます。Name(ZScreen上の表示名)、Host、Port、UserName、Password を設定します。
    3. 「Test」ボタンをクリックすると、設定できているかを確認できます。正しく設定されていると、「Success!」というポップアップが表示されます。また、「Open FTP Client」ボタンをクリックすると、FTPクライアント画面が表示されます。ファイル名をダブルクリックすると、ダウンロードして保存できます。
    4. 「Main」タブをクリックし、設定画面中央の「Images:」 のプルダウンをクリックして、「FTP Server」を選択します。以後、画面キャプチャを取得すると、自動的にFTPサーバーにアップロードされるようになります。

    TwitPicの設定
    取得した画面キャプチャを TwitPic に転送する設定です。
    1. 「Destinations」タブをクリックし、「Twitter」タブをクリックします。
    2. 「Add」ボタンをクリックすると、新しいTwitterアカウントを追加できます。ブラウザでTwitterアプリケーションの認証画面が表示されます。ユーザー名、パスワードを入力して「許可する」ボタンをクリックします。
    3. 「ZScreenにアクセスできるようになりました!」と表示され、画面上に暗証番号が表示されます。暗証番号をコピーし、ZScreenに戻り、「PIN」に入力します。
    4. 「Authorize」ボタンをクリックすると、「TokenSecret」が自動入力されます。
    5. 「UserName」、「Password」を入力します。
    6. 「Main」タブをクリックし、設定画面中央の「Images:」 のプルダウンをクリックして、「TwitPic」を選択します。以後、画面キャプチャを取得すると、自動的に TwitPic にアップロードされ、ブラウザでその画面が表示されるようになります。

    キャプチャの保存フォルダ
    上記設定により、サーバーへのアップロードなどをした場合でも、ローカルにキャプチャは保存されます。保存フォルダはデフォルトでは「ドキュメント」⇒「ZScreen」⇒「Images」⇒「yyyy-mm」フォルダに保存されます。
    1. 保存フォルダを変更する場合は、「Options」タブをクリック、「Paths」タブをクリックします。
    2. 「Images」項目の「Relocate...」ボタンをクリックして保存したいフォルダを変更できます。
    3. 「Delete captured screenshots after upload is completed」にチェックを入れると、サーバーへアップロードした場合にローカル保存しないように設定できます。

    キャプチャの編集
    画面キャプチャを取得してすぐに編集できます。
    1. 「Editors」タブをクリックします。
    2. 「Enable Image Editors」にチェックを入れます。
    3. 左メニューの「Paint」にチェックを入れると、画面キャプチャ取得後にWindows 付属のペイントが起動してキャプチャを編集できるようになります。「Add」ボタンをクリックして、他の画像編集ソフトを追加することも可能です。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?