Windows 8.1/10 ベースの Windows PEを作成できるソフト
  • コメント

    私は、前バージョンの『WinPe-tch Direct』でW…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 354件
    -

    私は、前バージョンの『WinPe-tch Direct』でWindows7の起動ディスクを作成しています。
    『WinPtchX』も利用してみましたところ、UIも同様で違和感なく利用できました。
    定期的に、AOMEIのバックアップツールで外付けのHDDにバックアップをしていますが、もしもの時、ファイルをレスキューする為に必要になりますので、作成しておいてもいいと思います。

    レスキューディスクとは?と思っている方は、上記のスクリーンショットをクリックして3枚目の写真をご覧になってください。
    Windowsが起動していますが、レスキューに最低限必要なものしか起動していません。
    間違えても、『Windows10が無料で作成できる』と思わないで下さい。
    最低限の環境から、ファイルをレスキュー、問題が発生したPCのHDDに問題ない状態であれば、UIのコマンドプロンプトで、他のHDDやUSBに必要なファイルを退避させたりする為に利用するものです。
    退避させる為のコマンドは、Googleなどで『DOS コマンド』などで調べて下さい。

    現在のところ、私はこの起動ディスクにお世話になるケースはないですが、あると安心感があります。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい