アドオンにより欲しい機能をドンドン追加できる、オープンソースのウェブブラウザー

  • 5

    【追記あり】Firefox 61 にて、下記のエラーメッセージが表示され…

    owl
    owl
    投稿数: 385件
    Windows 10

    Firefox 61 にて、下記のエラーメッセージが表示され「サイトへの接続不能」事例が発生しています。

    安全な接続に失敗しました。
    [サイト名] への接続中にエラーが発生しました。 SSLは最大許容長を超えたレコードを受信しました。
    エラーコード:SSL_ERROR_RX_RECORD_TOO_LONG。
    受信したデータの信頼性を確認できなかったため、表示しようとしているページを表示できません。
    この問題については、ウェブサイトの所有者に連絡してください。

    その原因として
    Avast、AVG、その他のサードパーティ製セキュリティソフトウェアによって、HTTPSトラフィックを妨害していることが判明しています。
    Avast では、セキュリティソフトウェアの「Web Shield の HTTPS スキャン部分を無効」にすることで問題を解決できます。

    処置は次の通りです。
    システムトレー領域の Avast のアイコンをダブルクリックして、アプリケーションのメインインタフェースを表示します。
    すべてのプログラム設定を表示するには、メニュー > 設定を選択します。
    サイドバーの [コンポーネント] セクションに切り替えます。
    Webシールドコンポーネントに表示されるカスタマイズリンクを選択します。
    [HTTPSスキャンを有効にする] を探して、チェックボックスをオフにします。
    変更を保存します。

    他のセキュリティソリューションは、HTTPSトラフィックを妨害する同様のコンポーネントを使用することがあります。 Avast を実行しない場合は、設定でオプションを見つけて HTTPS スキャンを有効にして問題を解決できます。


    メジャーアップデート版 v61 は、TLS 1.3仕様の最新ドラフトを有効にしました(アドレスバーに about:config?filter = security.tls.version をロードすることで、TLS の設定が確認できます) security.tls.version.maximum の値が、最大値「4」になりました。v61 以前では「3」です。この値を戻すことでも回避できます。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい