ウインドウの位置・サイズを記憶して元に戻せるソフト
  • コメント

    追記文字数オーバーなので再投稿です。 複数アプリ起動シ…

    DeepMiner
    DeepMiner
    投稿数: 16件
    Windows 10

    追記文字数オーバーなので再投稿です。

    複数アプリ起動ショートカット作成の流れはこんな感じです。

    ・私は、“アプリケーション連続起動”も“ウィンドウ位置記憶プログラム”も同じフォルダに入れています。

    ・先に目的に沿った名前で空の ***.dat を、そのフォルダに作成しておきます。例:解析ツール集.dat

    ・連続して起動したいアプリを全て起動し、望みの配置にレイアウトします。

    ・“ウィンドウ位置記憶プログラム”を起動してフリーソフト100さんのご説明通りの操作を各アプリに行いリストが出来たら「ファイル」 -> 「名前を付けて保存」します。この際、上記 .dat と同名にしておきます。 例:解析ツール集.csv
    “ウィンドウ位置記憶プログラム”を閉じます。

    ・“アプリケーション連続起動”を起動し、「設定ファイルのパス」で上記で作成した 例:解析ツール集.dat を指定します。

    ・https://neoblog.itniti.net/application-continuing-boot/
    の説明を参照しながら“ウィンドウ位置記憶プログラム”で設定したアプリを指定します。
    「ショートカットの作成」を押して、「ウィンドウ位置記憶の設定ファイル」参照で上記で出力した 例:解析ツール集.csv を指定して「決定」で出来上がりです。

    ・後は、“アプリケーション連続起動”で起動順序や、起動間隔を調整して「更新」ボタンで調整完了です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい