右クリックメニューから手軽に暗号化できるソフト

  • 5

    【追記あり】当アプリは、 AES(Advanced Encryptio…

    owl
    owl
    投稿数: 410件
    Windows 10

    当アプリは、
    AES(Advanced Encryption Standard:共通鍵暗号アルゴリズム)での鍵長 256ビットを使用して、任意の「ファイル」を簡単かつ安全に暗号化します。
    Windows, Mac, Linux, Java をサポートし、オープンソースプロジェクト(多数の第三者が「プログラムのソースコードを精査し、情報を保護することが適切か」が継続的に確認される)製品です。

    「機密データ」を
    メールで交換したり、旅行中に携帯したり、クラウドベースのストレージサービスやサーバーなどにアップロードしたり、アクセス可能な場所(自宅やオフィスなど)での覗き見や漏洩・流失対策に最適なツールです。
    ※ 暗号化されたファイルの復号化は「パスワードの照合」で、唯一可能になります。そのため(暗号化されたファイルが)漏洩・流失しても心配無用(解読不可能)です。

    要点:
    ● Windows での動作要件:Microsoft Visual C++ 2010 Redistributable - 10.0.40219
    ● 暗号化は「file 単位」ですが、(Hotkey の応用で)複数の files を一括で暗号化が可能です。
    ● ファイル名はマスキングされません(個人的には、加えて「7-Zip」化しています)。
    ● 第三者と暗号化したファイルを交換する場合には、ファイルの正当性(改ざんが無いこと)を証明するものを(Hash Tab などで、Hash値「CRC32、MD5、SHA-512」を算定し)明示しましょう。「7-Zip」化した場合も、Zip ファイルでの Hash 値の算定値を明示しましょう。
    ※ パスワードが不明になった場合には「復号は不可能」です。パスワードの生成・管理は、KeePass や Bitwarden などの使用を推奨します。


    AES | Wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/Advanced_Encryption_Standard
    AES(Advanced Encryption Standard)は、理論的攻撃方法が存在する DES(Data Encryption Standard)に代わる新たな標準暗号の共通鍵暗号アルゴリズムです。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • owl
    owl
    投稿数: 410件

    Macでは、
    ファイルを「AES Crypt」プログラムにドラッグし、パスワードを入力(生成/照合)することで可能です。
    コマンドラインでは、
    暗号化または復号化に使用するファイルの名前とパスワードを使用して「aescrypt」コマンドを実行できます。
    PHP、Java、C# の開発者には、
    アプリケーション内から「AES暗号化ファイル」を読み書きできるライブラリがあります。
    Python 愛用者には、
    「AES Crypt」機能を独自の Python アプリケーションに統合するために使用できるソースコード付きのコマンドラインユーティリティがあります。

  • icf
    icf
    投稿数: 33件

    暗号の専門家だと思っている者です。ひとつだけ、言わせていただくと、ファイルの正当性を証明するのに、Hash値だけでは不足かもしれません。ファイルとHash値の両方をすり替えてしまえば、改ざんがないことは、わかりません。